• 合唱楽譜
  • 女声合唱
  • 女声合唱/オリジナル
  • 新刊

和泉耕二:「愛のうた」女声合唱とピアノのための

JPY: 1,300 yen

数量:
編・著者名
作曲:和泉耕二 作詩:野呂 昶
判型/頁
A4判/24頁
JAN
4962864944035
ISBN
978-4-7609-4403-3
演奏時間
8分
編成
P女3
発売日
2024.06.19

弊社刊「和泉耕二歌曲集」所収の、野呂昶の美しい詩による「愛のうた」の女声合唱版。2024年4月、「浦和女声合唱団」(指揮:岸信介)により2曲初演。規模が小さく、ちょっとしたステージでの演奏も映えるだろう。グレード:初~中級
「はんげしょう(半夏生)」「あなたのほほえみは」「みやこわすれ」の3曲。演奏時間約8分30秒。

 女声三部合唱のための「愛のうた」は、もともと「和泉耕二歌曲集」(カワイ出版)の中に、「愛のうた」(詩:野呂 昶)として収められているものである。

 2021年の暮れ頃、指揮者の蓮沼勇一先生から合唱編曲への勧めがあって、私はすぐに混声四部と女声三部の合唱版「愛のうた」を完成させた。幸いなことに、2022年9月、杉並混声合唱団(指揮:蓮沼勇一氏/ピアノ:冨田昌子氏)により混声四部として初演の後、2023年4月、カワイ出版より混声四部合唱曲として出版された。

 その後(2023年6月)、詩人の野呂昶氏のご縁で、指揮者、岸信介先生および浦和女声合唱団との出会いに恵まれ、2024年5月と6月に、同氏と同団によって女声三部合唱による素晴らしい初演の機会を得た後、本合唱曲として出版される運びとなった。

 詩人の野呂 昶さんは湖南市(滋賀県)に在住し、花や動物、愛などをしばしば詠われているが、その言葉はいつもやさしくて美しい。そして何よりも素晴らしいのは巧みな比喩である。私はその比喩により、ただ名付けられたものに過ぎない「もの」や「こと」の深い存在、在りように、いつもハッと気付かされる。

 最後に、この合唱曲集を出版するにあたって、この場をお借りして、これまでお世話になった多くの方々と、心に深く働きかける表現指導と演奏をして下さった岸信介先生、その指導に真摯な姿勢で応えておられた浦和女声合唱団の皆様やピアノの法嶋晶子氏、それから、合唱団と私の間を齟齬なきようお心遣い下さった団長の中島文子氏に、心から感謝を申し上げます。

和泉耕二

収載曲

1.はんげしょう(半夏生)

 この詩の比喩のなんとすばらしいこと。「つつしみと やさしさが そのまま はなのかたちになった」と詩人はうたう。そして、「いま うまれたかぜが はっぱのうえで なつをさがしている」と言うのである。私はこの曲を友人(*)に捧げた。

2.あなたのほほえみは

 生きる中にあって、心を貴いものに押し上げてくれる「あなた」がいつも近くにいるとしたら、それはなんと幸せなことだろうと思う。私はこの詩を読むたびに精神的な香りを感ぜずにいられない。

3.みやこわすれ

 ある日、突然、詩人は、みやこわすれの花を目にしたことで、手の届かなかった遠い昔の想い(恋情)をデジャヴュ(déjà-vu)のように思い起こす。手をのばしてもとどかない。だからこそ、いまなお、心の中で宝物のように在り続けるのだと、人生にはそういうものがたくさんあるのだと、詩人は私に教えてくれているような気がするのだ。

 *友人:友人とは私の先輩でもある作曲家、大ヶ瀬邦生氏のこと。

 なお、合唱化にあたって、「和泉耕二歌曲集〈愛のうた〉」の楽想記号、ダイナミクス、記譜に、少し変更と書き加えを行なった。

○置き配につきまして【eスコアを除く】
現在宅配BOXのご指定は可能ですが、置き配のご指定はお客様がウェブから設定頂く必要があります。「クロネコメンバーズ」への登録が必要となりますのでご注意ください。
詳細はこちらをご覧ください。
※eスコアの場合商品の発送を致しませんので当ご案内は該当致しません。
○受注生産品の発送日につきまして
カートボタン近くに「こちらの商品は、受注生産品により納期が掛かります。」と表示されている商品は、ご注文を頂いてから製作を開始する受注生産品です。発送予定日につきましてはページ下部のカレンダーをご確認下さい。
○領収証の発行につきまして こちらをご覧ください

和泉耕二:「愛のうた」女声合唱とピアノのための

JPY: 1,300 yen

数量:
(c)edition KAWAI, a division of Zen-On Music Co., Ltd.