• 歌曲

イギリス歌曲シリーズ1

辻 裕久・なかにしあかね:「The Water is Wide イギリス愛唱歌集」R.QuilterとA.Nakanishiの編曲によるイギリス歌曲シリーズ

JPY: 2,200 yen

数量:
編・著者名
辻裕久・なかにしあかね
判型/頁
A4判/84頁
JAN
4962864889862
ISBN
978-4-7609-4173-5
シリーズ
イギリス歌曲シリーズ
発売日
2017.09.01
たくさんの優れた作品があるにも関わらずあまり日本では知られていないイギリスの歌曲。
この分野での第一人者である辻裕久・なかにしあかねの監修で、これらの素晴らしい作品を日本に紹介するシリーズの第1弾。
本書はまず日本でもよく知られているイギリスの愛唱歌を、イギリス国内では大人気のRoger Quilterとなかにし自身の編曲による作品を紹介する。巻末には、監修者による新しい日本語訳、イギリス歌曲の背景などの詳細な解説と英語歌唱のポイントを掲載したイギリス歌曲の入門書でもある。全体に調性は高声向きである。
グレード:中級
<まえがき>

 イギリス歌曲と言えば「美しい田園風景」「素朴なノスタルジア」「せつなくも美しいメロディー数々」・・・こんなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?
 英語は、私達日本人誰もが勉強した最も身近な外国語です。英語の歌には、明治期に文部省唱歌として取り入れられ、今も私達に親しみ深い曲がたくさんあります。歌う人にも聴く人にも親しい言語、美しく優しいメロディーの数々、こんな宝の山を、私達は目の前に持っているのです!
一方で、英語の歌には
● 英語は辞書引けばだいたい理解できるけど・・・?
● 英語の歌って歌いづらい・・・何かコツが?
● そもそもイギリスにはどんな歌があるの?!
などの漠然とした溝(?!) を感じておられる方が多いかも知れません。
 本シリーズは、そんな溝を埋めるべく、英語の歌に取り組んで頂きやすいように、との願いをこめて作られました。このシリーズを追って行けば、イギリスの歌との親しみの歴史を持つ、日本ならではの魅力的なコンサートレパートリーが形成され、その先に広がるさらなる宝の山にも、軽やかに踏み出して頂けるようにと考えられています。そのために、コンサートのプログラムノートやトークの参考にして頂けるような基礎知識や楽曲解説だけでなく、特に日本人が英語を歌う際のポイントも示してあります。
 この第一巻に収められているのは、イギリス各地の民謡を中心とした愛唱歌の数々です。「庭の千草」「故郷の空」「埴生の宿」などのかつて文部省唱歌として親しまれた歌、「グリーン・スリーヴス」「春の日の花と輝く」など歌詞を変えて讃美歌にも取り入れられた歌、「広い河の岸辺」「ラヴェンダー・ブルー」など映画やドラマにも使われた歌など、きっと耳馴染みのあるメロディーばかりです。
 編曲は、20 世紀初頭イギリスの音楽愛好家達をとりこにした、ロジャー・クィルターの軽やかでおしゃれな編曲作品を高声用で8 曲、この楽譜のために新たに書き下ろした5 曲を含むなかにし編曲が8 曲。美しく抒情豊かなレパートリーがすぐにあなたのものとなることでしょう。
辻  裕久・なかにしあかね

イギリス歌曲シリーズ1

辻 裕久・なかにしあかね:「The Water is Wide イギリス愛唱歌集」R.QuilterとA.Nakanishiの編曲によるイギリス歌曲シリーズ

JPY: 2,200 yen

数量:
(c)edition KAWAI, a division of Zen-On Music Co., Ltd.