実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 男声 > 竹花秀昭:男声合唱のための「大漁唄い込み」(斎太郎節変奏曲)

竹花秀昭:男声合唱のための「大漁唄い込み」(斎太郎節変奏曲)

価格 : 税込770円(本体700円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
※カワイ出版ONLINEは9月29日(木)・30日(金)を棚卸の為休業致します。28日(水)午後以降の在庫商品は10月3日(月)の発送となりますのでご注意ください。
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

編曲:竹花秀昭
A4判/12頁
グレード:中級
演奏時間=約4分20秒
ISBN 978-4-7609-2332-8

宮城県民謡「斎太郎節」(竹花秀昭編曲)は『グリークラブアルバム3』に収録され、男声合唱の愛唱曲として定番となっています。この「斎太郎節」が今回、中間に「遠島甚句」を挟み、演奏会用に再編曲されました。派手で演奏効果抜群の曲調はそのままに、一層の膨らみを持った「大漁唄い込み」をご堪能ください。無伴奏
1 大漁唄い込み(4’20”)

「大漁唄い込み」と「斎太郎節」

『大漁唄い込み』の元唄は、岩手県の『気仙坂』が変化した『どや(鋳物の精錬場)節』・『斎太郎節』・『遠島甚句』の三つの組唄から生まれた唄で、本来、歳徳神を祭る“祈りの唄”・“祝いの唄”でした。中でも『斎太郎節』は、歳徳神を祭る代表的な祝い唄として、当初の『サイトクシン節』が『サイタラ節』となったようです。その後、松島湾沿岸を中心に、漁師らの労働唄でもある『櫓こぎ唄』として唄われ、漁期には大漁を願い、大漁の喜びを祝う“祝いの唄”として唄うようになりました。


次の音源は合唱団パリンカ様にご協力頂きました。お江戸コラリアーず様との合同演奏です。
大漁唄い込み


次の音源は合唱団お江戸コラリアーず様ににご協力頂きました。
大漁唄い込み
 

ページトップへ