実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2023年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2024年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 
50周年記念トートバッグプレゼントは終了いたしました

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > なかにしあかね:「4つの聖歌」混声四部合唱による

なかにしあかね:「4つの聖歌」混声四部合唱による

価格 : 税込1,650円(本体1,500円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら

サミットの開催に伴い下記の期間、広島県、山口県でヤマト便の配送に影響が出る見込みです。
ご注文の際は予めご了承ください。

 

期間 2023年5月18日(木)〜22日(月)

エリア 広島県全域(特に広島市中区、東区、南区、西区)、山口県岩国市、玖珂郡和木町

 

上記エリアにおいて当該期間の日付 ・時間指定不可と、場合により配達不能および配達遅延が生じる可能性があります。何卒ご了承下さい。

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版は棚卸のため下記期間休業致します。

 

2023年9月29日(金)

 

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

 

在庫のある商品

28日午前までの注文を当日発送、28日午後以降のご注文は10月2日(月)発送となります。

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず11日目以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:なかにしあかね
A4判/36頁
グレード:中級
演奏時間:約15分
ISBN 978-4-7609-4298-5
一般社団法人 国際親善音楽交流協会の依頼により、2023年10月26日サン・ピエトロ大聖堂(バチカン市国)と
10月28日サン・フランチェスコ大聖堂(アッシジ)で演奏のための組曲として作曲。
バチカンでのミサの中で献唱するため、4曲はそれぞれ
「Cantate Domino(入祭唱)」「Veritas mea(奉納唱)」「Pacem meam(拝領唱)」「De profundis(閉祭唱)」
の役割を持っている。
無伴奏でもピアノ(もしくはオルガン)による伴奏付きのどちらでも演奏可能。全4曲。
1. Cantate Domino    (2’00”)
2. Veritas mea       (3’00”)
3. Pacem meam      (4’30”)
4. De profundis       (5’00”)


 
<まえがき>
 
 国際親善音楽交流協会様より「バチカンでのミサで歌う合唱曲を」とご依頼頂いて、最初に思ったことは「私で良いのでしょうか?」でした。多様な文化、宗教、精神世界の在り方への敬意と尊厳を常に持っていたいと願う私にとって、カソリックの長い歴史と伝統の頂点に立つ聖ピエトロ大聖堂でのミサは、最も魅かれ、最も畏れる対象のひとつです。  
 現ローマ教皇様は“宗教、宗派を超えた融和世界を築いていく”というコンセプトのもと、平和を願う教えは共通であるとして、日本の仏教を含む世界の様々な宗教とも交流を持たれているので、作曲家がカソリック信者でないことは全く問題がない、と励まして頂き、初めてのラテン語付曲に挑むことになりました。
(偶然にもその後、日本合唱指揮者協会様からJCDA教会コンサートのための作品をご依頼を頂き、「Benedicta es tu, Virgo Maria for SSAA」が私の最初のラテン語作品として初演されました。)  
 バチカンでの初演当日のミサの流れは以下で、4曲の所要時間も定められておりました。


開祭の儀  
  司祭の入堂⇒「入祭の歌」Cantate Domino  
  初めの祈り=集会祈願=「あわれみの賛歌」(キリエ)=「栄光の賛歌」(グローリア)

ことばの典礼  
  聖書の福音朗読

感謝の典礼  
  奉納祈願⇒「感謝の典礼」Veritas mea ⇒「感謝の賛歌」(サンクトゥス)⇒奉献文

交わりの儀  
  主の祈り⇒平和の挨拶⇒「平和の賛歌」(アニュス・デイ)⇒「聖体拝領」Pacem meam

閉祭の儀
  「閉祭の献歌」De profundis  


 テキストは声楽家・指揮者の奥村泰憲様に選定して頂きました。テキストについての度重なるご質問等にも丁寧にご対応頂き、厚く御礼申し上げます。貴重な機会を与えて頂きました国際親善音楽交流協会の丸尾直史様、岩本絵美様。この壮大なプロジェクトを、なかにしへの委嘱企画として発案、推進して下さり、作品を共に産み育てて頂きました禿臂篭獲諭N習から本番までお世話になりました大野久美子様、合唱団の皆様。お世話になりましたすべての皆様に、心より御礼申し上げます。 
 
なかにしあかね

ページトップへ