実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2023年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2024年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 
50周年記念トートバッグプレゼントは終了いたしました

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 石若雅弥:「歌は歌に」混声三部/女声二部合唱のための

石若雅弥:「歌は歌に」混声三部/女声二部合唱のための

価格 : 税込1,650円(本体1,500円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら

サミットの開催に伴い下記の期間、広島県、山口県でヤマト便の配送に影響が出る見込みです。
ご注文の際は予めご了承ください。

 

期間 2023年5月18日(木)〜22日(月)

エリア 広島県全域(特に広島市中区、東区、南区、西区)、山口県岩国市、玖珂郡和木町

 

上記エリアにおいて当該期間の日付 ・時間指定不可と、場合により配達不能および配達遅延が生じる可能性があります。何卒ご了承下さい。

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版は棚卸のため下記期間休業致します。

 

2023年9月29日(金)

 

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

 

在庫のある商品

28日午前までの注文を当日発送、28日午後以降のご注文は10月2日(月)発送となります。

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず11日目以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:石若雅弥
作詩:与謝野晶子
A4判/32頁
グレード:初〜中級
演奏時間:約11分 
ISBN 978-4-7609-4297-8
2023年9月18日、石若雅弥指導合唱団による合同発表会にて全曲初演作品。与謝野晶子に関するイベントでの委嘱作品を中心に、どの曲も合唱祭や合同演奏で取り上げやすいコンパクトな作品。
詩の中に多く出てくる「歌」という言葉は晶子にとっては「詩」という意味だが、「歌うこと」に置き換えて読むことが出来、合唱を愛する人々に共感できる内容である。楽譜は混声三部合唱の形式をとっているが、女声パートのみの女声二部合唱として演奏することも可能。全5曲。
1. 歌は歌に    (2’00”)
2. 我歌機      (1’40”)
3. 秋の心     (2’20”)
4. 我歌       (1’50”)
5. 我友        (2’50”)


 
<まえがき>

 2020年初め、大阪府立泉陽高校音楽部から、翌年4月開催の第20回定期演奏会用の新曲委嘱を受けました。その後、新型コロナウイルスが猛威を振るい、高校生たちの学校生活にも大きな影響を与えました。そのような中で出会ったのが「我友」という詩でした。  
 さらに、ウクライナで戦争が始まった2022年。大学生によるジョイントコンサートのメイン曲に、学生たちが拙作「君死にたまふことなかれ」を選曲しました。そのアンコールとして作曲したのが「歌は歌に」です(本番にさきがけ、1ヶ月前の「晶子フォーラム」でChor.Draftにより試演)。  
 その2曲を軸として、与謝野晶子の「歌」にまつわる詩を選び、この曲集を仕上げました。  
 詩の中の「歌」は晶子自身は「詩」について書いていますが、作曲をする上での「歌」や、「歌うこと」にも置き換えて読めることもでき、我々にも共感できるところがあるのではないでしょうか。


「歌は歌に」  
 日露戦争中、出征する弟への思いを綴った『君死にたまふことなかれ』を晶子が発表した後、世間からは大きな批判を受けました。それに対して発表した「ひらきぶみ」の中の一節です。「後世にも自信をもてる自分の真実の思いを、うたに込めたい」という強い意志を感じます。前奏や後奏に、拙作「君死にたまふことなかれ」のモチーフを引用しています。


「我歌機  
 まるで雫のような、自分の「歌」を探し求めて…。


「秋の心」  
 昨日までは歌えたのに…歌えない日もある。そのような悲しみを喜びに変え、今日も歌おう。


「我歌供  
 私の歌は短いかもしれないが、加えることも省くこともない、無駄のない歌である。


「我友」  
 友と共に歌う喜び。今の時代だからこそ、よりいっそうその大切さを感じます。
 ハ長調の主和音「e, c, g」をモチーフに作曲しています。  


 譜面上は混声三部合唱になっていますが、女声二部合唱としても、また女声パートをオクターヴ下げて男声二部合唱としても演奏可能です。混声合唱団の男声パートが少ない合唱形態を配慮して作っていますので、女声合唱と混声合唱の合同演奏にも最適です。合唱祭のステージ用に曲を組み合わせたり、アンコールピース用に1曲をとりあげていただいても良いかと思います。  
 この作品を通して、老若男女問わず「みんなで歌うよろこび」を共有できればと願っています。
 
石若雅弥
この音源は石若雅弥さんにリンク許可を頂きました。 サムネイルをクリックするとYouTubeに飛ぶかアプリが立ち上がります。

全曲
1. 歌は歌に https://youtu.be/IoppbFuF5SA?si=EVbLahQWXE23iJn8
2. 我歌機https://youtu.be/IoppbFuF5SA?si=AdQE9QYknBFrXFlZ&t=120
3. 秋の心 https://youtu.be/IoppbFuF5SA?si=AdQE9QYknBFrXFlZ&t=228
4. 我歌供https://youtu.be/IoppbFuF5SA?si=AdQE9QYknBFrXFlZ&t=378
5. 我友  https://youtu.be/IoppbFuF5SA?si=AdQE9QYknBFrXFlZ&t=485

ページトップへ