実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2024年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2024年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 上記以外のジャンル > 歌曲 > なかにしあかね:「月色の舟」歌曲集

なかにしあかね:「月色の舟」歌曲集

価格 : 税込1,430円(本体1,300円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら

サミットの開催に伴い下記の期間、広島県、山口県でヤマト便の配送に影響が出る見込みです。
ご注文の際は予めご了承ください。

 

期間 2023年5月18日(木)〜22日(月)

エリア 広島県全域(特に広島市中区、東区、南区、西区)、山口県岩国市、玖珂郡和木町

 

上記エリアにおいて当該期間の日付 ・時間指定不可と、場合により配達不能および配達遅延が生じる可能性があります。何卒ご了承下さい。

ただいま総額2,000円(税込)以上ご購入のお客様にトートバッグ(ディープブルー)をプレゼント トートバッグキャンペーン詳細
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版は年末年始下記期間休業致します。

 

2023年12月29日(金)〜2024年1月4日(木)

 

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

 

在庫のある商品

現在のご注文は1月5日(金)発送となります。

 

受注生産品の納期は業者休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

 

ご注文日           発送予定日

〜休業中〜2024年1月5日(金)のご注文は1月18日(木)発送の予定です。

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず11日目以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
作曲:なかにしあかね
作詩:池田瑛子
A4判/24頁
グレード:中級
演奏時間:約11分40秒 
ISBN 978-4-7609-4195-7
2022年4月、「三上道子ソプラノリサイタル」にて委嘱初演。「影」「夜」「闇」「沈黙」などのキーワードでイメージを膨らませ、言葉の魅力に導かれ出来た作品。ピアノ独奏の短い前奏の「プロローグ」付き。全4曲。
プロローグ    (1’00”)
1. 幻の舟      (3’50”)
2. 夜の噴水     (2’20”)
3. オーロラ     (4’10”)

 
<まえがき>

 この作品はソプラノ歌手三上道子さんからのご依頼で書かせて頂いたものです。
三上さんからの新作のご依頼はユニークなものでした。拙作の歌曲集『光』(みずかみかずよ詩 全音楽譜出版社)を演奏して下さるリサイタルで、光に対する「影」「沈黙」をテーマとする3曲組程度の小規模な組曲を歌いたい、とのことでした。  

 「影」「夜」「闇」「沈黙」などのキーワードでイメージを膨らませて行くうちに、「影」を求めようとすると強烈に「光」を意識することになり、「沈黙」は音が存在するからこその沈黙であるというあたりまえのことを、改めて考えました。  

 池田瑛子さんは富山の詩人で、東日本大震災後に「岸辺に」という詩に付曲させて頂いて以来のおつきあいです。『新・日本現代詩文庫41 池田瑛子詩集』から「オーロラ」「夜」「幻の舟」という3編の詩を選び出したとき、「影」は光を希求し、「沈黙」は雄弁に語り始めました。  

 言葉に導かれて、月色の舟は漕ぎ出しました。  

 興味深いテーマを下さった三上道子さんと、言葉で闇の中を導いて下さった池田瑛子さんに深い感謝を捧げます。
 
なかにしあかね

ページトップへ