実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2024年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2024年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 男声 > 山下祐加:「世界でいちばん孤独な歌」無伴奏男声合唱組曲

山下祐加:「世界でいちばん孤独な歌」無伴奏男声合唱組曲

価格 : 税込1,650円(本体1,500円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら

サミットの開催に伴い下記の期間、広島県、山口県でヤマト便の配送に影響が出る見込みです。
ご注文の際は予めご了承ください。

 

期間 2023年5月18日(木)〜22日(月)

エリア 広島県全域(特に広島市中区、東区、南区、西区)、山口県岩国市、玖珂郡和木町

 

上記エリアにおいて当該期間の日付 ・時間指定不可と、場合により配達不能および配達遅延が生じる可能性があります。何卒ご了承下さい。

ただいま総額2,000円(税込)以上ご購入のお客様にトートバッグ(ディープブルー)をプレゼント トートバッグキャンペーン詳細
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版は年末年始下記期間休業致します。

 

2023年12月29日(金)〜2024年1月4日(木)

 

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

 

在庫のある商品

現在のご注文は1月5日(金)発送となります。

 

受注生産品の納期は業者休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

 

ご注文日           発送予定日

〜休業中〜2024年1月5日(金)のご注文は1月18日(木)発送の予定です。

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず11日目以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
作曲:山下祐加
作詩:寺山修司
A4判/36頁
グレード:中級
演奏時間:約16分30秒
ISBN 978-4-7609-4334-0
2022年5月、なにわコラリアーズ(指揮=伊東恵司)による委嘱初演作品。組曲タイトルは2曲目の一節から採られたもの。
寺山修司特有のニヒルな語り口と合うように描かれた曲想が男声合唱団の心を捉えている。全体構成も大変きれいに立ち上がるが、各曲の性格もはっきりしているため抜粋演奏でも十分に効果のある作品である。
1. だいせんじがけだらなよさ   (3’20")
2. みじかい別れのスケッチ    (2’40")
3. 初恋の人が忘れられなかったら (4’30")
4. 見えない花のソネット     (3’10")
5. さすらいの途上だったら    (2’40")
 
<まえがき>

 この作品は、なにわコラリアーズさんからの委嘱で第27回演奏会のために作曲いたしました。演奏会はコロナ禍のため延期となり、翌年、2022年の第28回演奏会で初演していただきました。

 詩は男声合唱を作曲するにあたって心に浮かんだ寺山修司さんの詩で、数ある詩の中から5編の詩を選びました。そのいくつかは『人生処方詩集』に収められていて、そのタイトル通り悩んだ時や困った時に読むと何らかの効能があるということです。人生にはつきものの別れや孤独をどう乗り越えるのか、寺山修司さんの詩を読むと、その秘訣や受け入れ方、はたまた楽しみ方などが分かるような気がします。

1. だいせんじがけだらなよさ 
 寂しい時のおまじないの言葉。はじめの部分は軽快に、「魔よけ」などの言葉は怪しげに、寂しいところは切なさを。とてもユニークな詩ですので、表情豊かに歌っていただけたら嬉しいです。87小節から、逆行したおまじないのモチーフがバリトンパートによってヴォカリーズで歌われます。
おまじないの言葉の答えは終曲に。

2. みじかい別れのスケッチ
 寂しいながらも、こんな風に孤独を楽しむことができたら…と思う一編。
曲も遊んでいますので、楽しんで歌っていただけたら幸いです。

3. 初恋の人が忘れられなかったら
 遠い昔を思い出すような色合いの曲調で始まります。冒頭の「pon」と歌うところは、マリンバのような音をイメージしています。随所に登場する「ドーミーレー」といった上行して下行するモチーフは「もういいかい」を表しています。

4. 見えない花のソネット
 心にそっと寄り添ってくれるような優しい詩。男声合唱ならではの温かいハーモニーで伸びやかに歌っていただけたら嬉しいです。

5. さすらいの途上だったら
 組曲の最後を締めくくる詩として選びました。寺山修司さんが学生時代に出会い、処世訓としてきたという名言が詩の中に書かれています。荒々しい波の音が聞こえる一連、異世界の雰囲気も漂わせるかのような二連、哀愁を帯びながらも孤独と共に旅をする覚悟を持った三連、それぞれの場面を想像しながら作曲いたしました。

 最後に、作品を書く機会をくださり、素晴らしい初演をしてくださった伊東恵司先生となにわコラリアーズの皆様に、この場をお借りして心より御礼申し上げます。
 
山下祐加
この曲の音源はなにわコラリアーズ様にご協力頂きました。
インラインで再生できます。
全曲

 
・曲の選択
動画左上または右上のをクリックすると、曲が選択できます。

ページトップへ