実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 山下祐加:「うたう」女声合唱曲

山下祐加:「うたう」女声合唱曲

価格 : 税込660円(本体600円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
※カワイ出版ONLINEは9月29日(木)・30日(金)を棚卸の為休業致します。28日(水)午後以降の在庫商品は10月3日(月)の発送となりますのでご注意ください。
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

山下祐加:「うたう」女声合唱曲
作詩:工藤直子
A4判/12頁
グレード:初〜中級
演奏時間:約3分30秒
ISBN 978-4-7609-4454-5
「さいたま市合唱浦和の会」創立55周年記念委嘱作品。自然や生き物たちとの出会う喜びを、三拍子の軽快なワルツのテンポにのせて歌うことで豊かに表現した、爽やかで美しい作品。アンコール曲として最適。同じタイミングで作られた混声四部合唱との合同演奏も可能。女声三部合唱、ピアノ伴奏付き。

うたう (3’30”)
<まえがき>

 この作品は、さいたま市合唱浦和の会創立55周年を記念して作曲させていただきました。合唱を愛する幅広い年代の方が歌ってくださるということで、工藤直子さんの「うたう」という詩を選びました。

 私が工藤さんの詩から感じ、この曲を通して表現したかったことは「歌う喜び」と合唱を通じて様々な「出会いがあることの喜び」です。このコロナ禍において、自然の風景には随分助けられたところがありました。それでも自分にできることは、それを“うたう”ことしかできないとも。

 詩の冒頭では風や小鳥、蝶など、人以外のものとの出会いが書かれていますが、工藤さんは出会いということについて「自分の中のナニかと呼応するものがある」とおっしゃっています。そしてそれを詩に書かれていると。私もこの作品の冒頭を作曲する際、爽やかな風が吹き、キラキラとした暖かな光が降り注いでくる風景が自然と浮かび、それを音にしたように思います。

 この詩の冒頭部分は曲中では何度か繰り返されますが、和音やパートの組み合わせ、ピアノの音もその都度変えていますし、その度に新鮮な気持ちで丁寧に表現していただけたら嬉しいです。そして繊細な部分と伸びやかな部分を歌い分けていただけましたらと思います。

 女声版と混声版がありますが、ピアノパートは共通で一緒に歌っていただくこともできます。もちろんそれぞれに違った響きをお楽しみいただけると思いますので、是非いろいろな方に歌っていただけますことを願っております。
 
山下祐加

ページトップへ