実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2023年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業
2023年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 三宅悠太:「祈る −長田弘の詩とヴォカリーズによる−」

三宅悠太:「祈る −長田弘の詩とヴォカリーズによる−」

価格 : 税込1,540円(本体1,400円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
※カワイ出版ONLINEは9月29日(木)・30日(金)を棚卸の為休業致します。28日(水)午後以降の在庫商品は10月3日(月)の発送となりますのでご注意ください。
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強/3週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年12月29日(木)〜2023年1月4日(水)の期間を年末年始休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

現在〜2023年1月5日(木)午前の注文は2023年1月5日発送となります。

受注生産品の納期は休業の都合から次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

現在〜2023年1月5日(木)    2023年1月17日(火)発送予定

2023年1月6日(金)~    以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず11日目以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:三宅悠太
作詩:長田 弘
A4判/28頁
グレード:中〜上級
演奏時間:約13分
ISBN 978-4-7609-4281-7
2011年9月「創る会」合唱団による委嘱初演(指揮:田中信昭)。 「3.11」を契機に書かれた混声合唱作品(ピアノ伴奏付き)である。前半の「.Choral」では濃淡のあるヴォカリーズによって多様な風景を描き、後半の「.空の下(詩:長田弘)」では、信念ある言葉と生命力のある音楽が、次第に核心に迫っていくよう緻密に構築されている。作曲者にとって記念碑的作品の一つである。
祈る −長田弘の詩とヴォカリーズによる−       (13’00”)
<まえがき>

“ひとは 祈ることができるのだ”

長田弘氏の「空の下」という詩は、こう結ばれている。呼吸をするようにこの詩を何度も声に出して読み、内観し、静かに祈った――。

 2011年3月に起きた未曾有の大震災。東京の自宅にいた私は幸いにも大きな被害を受けることはなかったが、テレビ中継で刻々と映し出されていく光景を目にしながら言葉を失い、ただ祈ることしかできなかった。日々、日常の様々な価値観が揺らぎに揺らぐ。作曲の原動力はいつの間にか消失し、それまでスケッチを続けていた別の詩による作品は温度を持たなくなった。私の中で、音楽はどこか遠いところにあったような気がする。

 そんな中、東京文化会館で行われた東京混声合唱団の演奏会に足を運んだ。節電のために照明が落とされたホール、合唱団員と同数くらいかもしれない僅かな観客、開演前に響く非常時の対応についてのアナウンス。この異様な空気の中、音楽はどんな空間を此処に生みだし、どんな時間が紡がれていくのか。私には全く想像もつかず、現実感の無い妙な心境だった。しかし、そこで聴いた音楽には何とも言えぬ温度が宿り、指揮をされている田中信昭先生の背中からは何か強烈な生命感が感じられ、会場はその空気に包まれ、私の中で言葉にならぬ感動が湧き起こった――。あの忘れ得ぬ演奏会の直前、私は図書館で一遍の詩に出会った。「祈ることしかできない」と思っていた私に音楽とは無縁なところで救いをもたらしてくれた詩であり、一筋の光でもあった。私は呼吸をするようにこの詩を何度も声に出して読み、内観し、静かに祈った。そしてそれが、あの演奏会での感動と結びつき、一つの大きな原動力・源泉となり、作曲を始めることとなった。

 作品は混声合唱とピアノによる編成で、.Choral(ヴォカリーズによる旋律の集合体)/.空の下(詩:長田弘)の二部から構成され、切れ目なく演奏される。詩中に幾度と出てくるフレーズ「独りでいること」に始まり、時々その内向的な世界に回帰しながらも、やがてその先に祈りを見いだしていく大きなベクトルを、音楽で描きたいと思った。全体的な調性感や斉唱の多用については、詩と対峙する中で湧き起こった音楽的希求によるものであるが、それらが強い発言力と生命力を胎み、芯のある世界が立ち上がってくることを願いながら筆を進めた。2011年9月、「創る会」(指揮:田中信昭/ピアノ:中嶋香)により委嘱初演、2012年3月に東京混声合唱団(同指揮者・ピアニスト)により改訂版初演を迎えた。以後、度々再演機会に恵まれ、初演から11年を迎える2022年夏、いよいよ楽譜出版の運びとなった。此度の刊行に際し、合唱団ひぐらしの皆さんには再演のみならず楽譜校正やその他、多くのご尽力をいただいた。この場をお借りして心より御礼申し上げたい。
 
三宅悠太

ページトップへ