実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
休業
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 猪間道明:「紫」フルリーナの詩による三つの混声合唱曲 3

猪間道明:「紫」フルリーナの詩による三つの混声合唱曲 3

価格 : 税込880円(本体800円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:猪間道明
作詩:フルリーナ
A4判/20頁
グレード:中級
演奏時間:約4分
ISBN 978-4-7609-4448-4
2021年5月1日、清水雅彦指揮によるChorus ST委嘱作品。
未来に希望をつなげるような合唱曲を委嘱したい、という思いから出来た3部作の1曲。色彩になぞらえられた人間の苦悩を、3小節単位という珍しいフレーズ感を用いて表現した大人向けの作品。混声四部合唱作品(ピアノ伴奏付き)。
紫    (4’00")
 
<まえがき>

 混声合唱団「Chorus ST」の創立30周年記念演奏会のために書き下ろした作品です。
 本来は文字どおり30周年となる2020年の5月に初演予定でしたが、残念ながらコロナウイルス禍のために延期となり、翌21年に、演奏会ではなく動画公開収録会という形で初演されました。
 合唱指揮者の清水雅彦氏の知己である詩人のフルリーナさんに何篇かの詩を書き下ろしてもらい、それをChorus STと関わりのある作曲家たちの連作によって構成しようという試みでした。私は古くからChorus STの一団員として、いまでも歌い続けていますが、そのほかに以前ピアノ伴奏者として共演して貰った山下祐加さん、そして清水さんの不在中にしばらく指揮を担当して貰ったことのある相澤直人さんが加わり、三人の競作となったわけです。
 同じ詩人の作品に作曲したことで、それぞれの作曲家の持ち味が際立ち、たいへん興味深いステージとなりました。この三曲は「フルリーナの詩による三つの混声合唱曲」というシリーズで同時刊行されておりますので、ぜひお手に取ってご覧ください。

 フルリーナさんの詩の中で、私が選んだのは、「紫」という作品でした。
 紫という色は、赤と青を混ぜると出来上がるということは誰でも知っていますが、逆に「赤にも青にもなりきれない色」というとらえかたもでき、それが何か人生というものの寓意にもなっているような気がして、読んですぐに気に入りました。
 曲想も、どこかやるせない、憂鬱な気持ちを訴えかけるような雰囲気になっています。
 演奏にあたっては、フレーズが3小節単位になっている部分が大半を占めていることにご注意ください。2小節単位のフレーズの持つ明快さに対して、満たされぬ想いといったものを表現するために、こういう手法を採ってみました。
 小品ではありますが、多くのかたがたに歌っていただければ幸いです。
 
猪間道明

☆3曲の合本版をご希望の場合は、カワイ出版にお問い合わせください。
次の音源はChorus ST田川泰宏様にリンク許可を頂きました。下記画像をクリックすると再生ページが表示されます。
紫 委嘱初演 Chorus ST

ページトップへ