実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2023年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
受注生産(ODP)発送予定日
2023年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 寺嶋陸也:「年を忘れた少年の歌」混声合唱とピアノのための

寺嶋陸也:「年を忘れた少年の歌」混声合唱とピアノのための

価格 : 税込1,870円(本体1,700円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら

サミットの開催に伴い下記の期間、広島県、山口県でヤマト便の配送に影響が出る見込みです。
ご注文の際は予めご了承ください。

 

期間 2023年5月18日(木)〜22日(月)

エリア 広島県全域(特に広島市中区、東区、南区、西区)、山口県岩国市、玖珂郡和木町

 

上記エリアにおいて当該期間の日付 ・時間指定不可と、場合により配達不能および配達遅延が生じる可能性があります。何卒ご了承下さい。

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEはゴールデンウィーク中カレンダー通り休業いたします。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

現在〜5月8日(月)午前の注文は5月8日発送となります。

受注生産品の納期は休業の都合から次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

現在〜2023年5月2日(火)    3週間弱で発送

5月3日~5月8日(月)   5月18日(木)発送

以降は1週間強で発送致します

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず11日目以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:寺嶋陸也
作詩:森哲弥
A4判/56頁
グレード:中級
演奏時間:約14分05秒
ISBN 978-4-7609-4279-4
作曲者の盟友沼尻竜典とびわ湖ホール声楽アンサンブルのために作曲された作品。滋賀にゆかりのある森哲弥の詩をテキストに使っている。 「中学生が楽しめる作品」という委嘱の条件があったこともあり、奥行きがあり重厚な響きの中でメロディが際立つ作品として仕上がっている。
1. きのう           (3’30” )
2. ぶなの森の朝  (2’00” )
3. チェロの木     (3’15” )
4. ストロー        (2’50” )
5. クロワッサン  (2’30” )
<まえがき>

 中学生が楽しめて、滋賀県にゆかりのある詩による合唱曲を、という、びわ湖ホールとその芸術監督沼尻竜典さんの依頼に応えて、森 哲弥さんの詩集『少年百科箱日記』(土曜美術社)の中の五篇の詩を選び作曲しました。

 森さんの詩は、大きなスケールの時間と空間の表現の中で、ごく些細な事に目や耳を向ける繊細さが同居するファンタスティックな魅力があり、詩の中で語られる言葉には、いくつもの意味や背景を複雑にまとっているようでもあります。それらの奥行きと重層的な広がりを声とピアノによる交響的な音楽として表現したい、と思いました。

 『年を忘れた少年の歌』というタイトルは、詩集の最初におかれた詩「百科箱日記」にある「年を忘れた少年の日々」という詩句からとりました。沼尻竜典さんとは幼なじみで、中学生の頃まではよく一緒にピアノを弾いたり作曲をしたりして遊びましたが、私たちが少年だった日々のこともちょっと思い出しながらつけたタイトルです。

寺嶋陸也
この音源は滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール様にリンク許可を頂きました。下記画像をクリックすると再生ページが表示されます。
全曲
下記リンクより各曲の頭より視聴出来ます。
1. きのう
2. ぶなの森の朝
3. チェロの木
4. ストロー
5. クロワッサン

ページトップへ