実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > ピアノ楽譜 > 曲集 > エミール・ジャック=ダルクローズ:「ダルクローズ ピアノ曲集3」

エミール・ジャック=ダルクローズ:「ダルクローズ ピアノ曲集3」

価格 : 税込2,200円(本体2,000円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
※カワイ出版ONLINEは9月29日(木)・30日(金)を棚卸の為休業致します。28日(水)午後以降の在庫商品は10月3日(月)の発送となりますのでご注意ください。
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。


作曲:エミール・ジャック=ダルクローズ
校訂・監修:ジャック=ダルクローズ作品研究会
菊倍判/88頁
グレード:中級
ISBN 978-4-7609-0679-6
ジャック=ダルクローズ(オーストリア:1865 〜 スイス:1950)は、リトミックの巨星として、知らぬ者はない教育者であるが、本来は作曲家であり、優れたピアノ曲・声楽曲・室内楽曲・管弦楽曲・舞台作品などを残している。
本書はピアノソロ曲集の3作目となる。ト音記号のみを用いた子ども向け小品や「性格や気質」をテーマにした洒落っ気たっぷりの作品群など、リトミックにこだわらず、ピアノ曲としての演奏自体に妙味のある曲集である。全40曲。
小さな子どものための小さな音楽
 第1集 第1曲 ゆぅらりゆぅらり可愛い弟               (1’10”)
 第1集 第2曲 パパとお馬さんごっこ                     (0’45”)
 第1集 第3曲 羊飼いの女の子                (0’45”)
 第1集 第7曲 ジャンとトトがトランペットを吹くよ(0’50”)
 第2集 第1曲 どっしどっし愉快なロンド           (0’45”)
 第2集 第3曲 タイピストの女の子                (0’45”)
 第2集 第5曲 叱られちゃう                   (1’00”)
 第2集 第7曲 チクチクする!                  (0’45”)

子どもの庭
 第3曲 とんがり帽子の画家       (1’10”)
 第4曲 大きくジャンプ         (1’35”)
 第5曲 強く、弱く         (2’25”)
 第10曲 ボートに乗って       (1’25”)
 第14曲 あつい、つめたい      (1’15”)
 第19曲 馬車手と馬           (0’55”)
 第20曲 朝の目覚め             (1’15”)

子どものための12の小さなイマージュ
 第1曲 赤ちゃんはいつも転んじゃう    (1’15”)
 第2曲 眠っている猫を起こさないでね   (1’00”)
 第3曲 床を磨いて上手に踊っているみたい!(1’40”)
 第4曲 お守り人形            (1’30”)
 第5曲 エクトールはすごく強いんだ!   (1’15”)
 第6曲 ちょっと教えてもらえますか?   (1’30”)
 第7曲 このブーツはきつすぎる!     (1’30”)
 第8曲 これってネズミ?         (1’45”)
 第9曲 小鳥といじわるな野獣       (1’45”)
 第10曲 ポニーは自由に駆けていく     (1’35”)
 第11曲 パパとママは今もワルツが踊れるよ (1’25”)
 第12曲 時計盤の上を時は駆けていく    (3’20”)

小像、肖像と気質
 第1集 第1曲 頑固な人                      (0’50”)
 第1集 第10曲 心の傷が癒えない人     (1’20”)
 第1集 第16曲 臆病な人        (1’05”)
 第2集 第1曲 純真な人        (1’00”)
 第2集 第2曲 小走りな人       (0’50”)
 第2集 第3曲 愛情深い人         (1’25”)
 第2集 第7曲 攻撃的な人         (0’40”)
 第2集 第9曲 感じやすい人      (1’05”)
 第2集 第10曲 勇敢な人        (1’00”)
 第2集 第15曲 口うるさい人      (0’35”)

エスキス・リトミック             (2’35”) 

カプリス                  (2’00”) 

『ダンスのための3つの愉快なロンドー』より、第2曲(3’45”)

 
<まえがき> 

 エミール・ジャック=ダルクローズ( Émile Jaques-Dalcroze、1865〜1950)が「リトミック教育」の理念や方法を創始したのは、19世紀が終わる頃でした。この方法は、ジャック=ダルクローズを始め、多くの人々の長い実践的な経験の中で、時代や場所に合わせ、形を変えながら現在へと繋がっています。

 教育活動の一方で、彼は作曲家として多くの作品を残しました。小さなピアノ曲や歌曲、室内楽や大規模なオーケストラ曲、そしてオペラまで、その数は、1,000を超えると言われています。ウィーンとパリに学んだこの作曲者の作品は、ロマン派から近代の様式を表しており、歌謡性や舞踊のリズムに溢れています。これらの作品は、純粋に芸術性を志向しているものもありますが、多くは彼独自の教育的な意図を感じさせます。

 この「ピアノ曲集掘廚坊悩椶気譴討い覿覆蓮1928年から1940年の間に書かれたものから選びました。ダルクローズは、晩年、リューマチに悩まされましたが、変わらず、明るく瑞々しさに溢れ、ユーモアと愛情を備えた音楽を描き続けました。

 ダルクローズは、「リトミック教育」の具体的な方法ではなく、理念を残しました。とは言え、この曲集に掲載されている『子どもの庭』のような作品からは、彼がレッスンをしているときの空気を感じることができます。
 晩年に書かれたピアノ作品は、ダルクローズ自身による、「リトミック教育」の音楽カタログとして捉えることもできます。そこには、ひとりひとりの人間を大切に想い、音楽家として生きてきた素朴な眼差しがあります。
 その音楽に触れることで、ダルクローズと私たちの心が時代を超えて重なり、また新たな発見があるのではないでしょうか。

 このたび出版にあたりまして、エミール・ジャック=ダルクローズの孫娘であるMartine Jaques-Dalcroze 女史から、心温まる祝辞を頂きました。自筆譜に書かれたフランス語の判読にご協力頂いたWolfgang Leresche氏に感謝申し上げます。

ジャック=ダルクローズ作品研究会
代表 馬淵 明彦
 MABUCHI Akihiko

藤田佐知子
 FUJITA Sachiko

井上 恵理
 INOUE Eri
丹原  要
 TAMBARA Kaname

佐川 静香
 SAGAWA Shizuka

リャオ・ツン・ツィエ
 LEOW Zhen Jie

ページトップへ