実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
休業
休業
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > アベタカヒロ:「さくら(二〇二〇合唱)」無伴奏混声合唱のための

アベタカヒロ:「さくら(二〇二〇合唱)」無伴奏混声合唱のための

価格 : 税込770円(本体700円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

クレジットカード決済頂けます。コンビニ払いについては詳細をご覧下さい  詳細
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2021年8月7日(土)〜15日(日)を夏季休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~16日午前の注文は8月16日発送。 ※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振の場合ご入金確認日となります。ご注意ください。>
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕〔納品予定日〕
現在〜8/16→9/2
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
作詞:森山直太朗・御徒町 凧
作曲:森山直太朗
編曲:アベタカヒロ
A4判/12頁
グレード:中級
演奏時間:約5分
ISBN 978-4-7609-2081-5
2021年5月、Tokyo Cantatにて、栗友会クワイア[Mil'AI]により初演(指揮:栗山文昭)。
本曲は2003年に発表された楽曲であるが、“2020年歌えなかった人たちのために”という思いを込めて新しく制作され、2020年11月「カロリーメイト」のCMに起用されたことでも話題になった。
まだ心置きなく歌える状況ではないが、“2020年歌えなかった人たちのために”という思いを大事にし、カワイ出版からもお届けしたい混声合唱ピース。
出版に際し、短縮版の演奏も新しく可能になった。アンコールピースとしても最適な作品である。
さくら(二〇二〇合唱) (5’00")
<まえがき>

 2020年、森山直太朗さんの《さくら(二〇二〇合唱)》を、カロリーメイト(大塚製薬)のテレビCM『⾒えないもの』篇のために編曲を担当させていただきました。本曲は、新たに「無伴奏混声合唱」として編曲したものとなっています。CMはコロナ禍の影響で試合に臨めず、ぶつけるやり場のないままに夏が終わってしまう高校球児たちと、「うまくいかないときに、それでも続ける努力を、底力って言うんだよ」と、優しくも決然と諭すその教師が中心となって描かれた作品でした。私は編曲作業の際に頂くVコンテ(映像の絵コンテのようなもの)を観た時点で涙しました。そのように日頃の成果を発表する場を失ったのは合唱界も同じですね(残念ながら今この文章を書いている時点におきましても、様々なコンサートが中止・延期に追い込まれている状況です)。

 そんななか、リモート配信を駆使しつつ縮小開催することとなった「Tokyo Cantat 2021」で、本曲をア・カペラで発表することを栗山文昭先生が決意されました。あまりにも突然のことで当時とても驚いた記憶がありますが、日ごとに創作意欲は増していきました。しかし、もともと「オーケストラ+混声合唱」で編曲したものをどうまとめるかという難題にはずいぶんと悩みました。そこには、多くの人に歌えるものを目指したい、という想いも重なっていたからです。結果としては、この編曲のためにいくつかの新しい要素を盛り込みましたので、CMオリジナル版とは少し流れの異なる部分がございます。また、盛り上がりの一部でソプラノに高いA音が出現しますが、全体としてはどなたでも無理なく歌える音域にまとめたつもりですので、どうぞチャレンジしてみてください。

 曲の結び方では[Ending A]と[Ending B]の2種類があります。初演時は通常の[Ending A]が歌われ、この出版の際に、コンパクトに終わる[Ending B]を作成しました。ご都合のよいほうを選択していただいて構いません。
 
アベタカヒロ

ページトップへ