実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
休業
休業
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 相澤直人:「音楽のように」谷川俊太郎の詩による三つの混声合唱曲

相澤直人:「音楽のように」谷川俊太郎の詩による三つの混声合唱曲

価格 : 税込1,760円(本体1,600円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

クレジットカード決済頂けます。コンビニ払いについては詳細をご覧下さい  詳細
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2021年8月7日(土)〜15日(日)を夏季休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~16日午前の注文は8月16日発送。 ※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振の場合ご入金確認日となります。ご注意ください。>
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕〔納品予定日〕
現在〜8/16→9/2
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
作曲:相澤直人
作詩:谷川俊太郎
A4判/44頁
グレード:中級
演奏時間:約15分
ISBN 978-4-7609-2052-5
2021年の全国高等学校総合文化祭の「合唱部門」で初演された「また朝が来て」、作曲者自らの意思で作曲した「歌っていいですか」、ニューヨークの日本人合唱団のために作曲した「音楽のように」の3曲を収録した曲集。
コロナ禍の不自由な生活の中、改めて歌うこと、音楽をすることの大切さを歌った作品。「音楽のように」は無伴奏。
1. また朝が来て        (5’30”)
2. 歌っていいですか  (3’50”)
3. 音楽のように        (5’40”)
<まえがき>

 ここに収められている3作品は、2020年〜2021年のコロナ禍において作曲したものです。
「また朝が来てぼくは生きていた」「歌っていいですか」「音楽のようになりたい」という3篇の書き出しだけを、今読んでも、この特殊な状況下において(もちろん元来そのような意図はなかったものであれ)特別な意味を感じずにはいられません。

 結果、私にとっての歌や人生を確かめる、大切な作品集となりました。1人でも多くの方の手と耳に届くことを願っております。

1.  また朝が来て (原題は「朝」)
紀の国わかやま総文2021(第45回全国高等学校総合文化祭)の合同合唱のために作曲。
自身の存在、ルーツに思いを巡らせ、未来や平和共存を考える壮大なスケールの詩を、紙芝居のようにシーンごとに役割を持たせて作曲しました。冒頭の讃歌、全音音階的な展開部を経て、鮮やかに溌剌としたクライマックスに昇華していただければ幸いです。

2.  歌っていいですか
特に依頼を受けたわけではなく、衝動に駆られて書きました。
そういう意味では、自分にとって書く必要のあった、本音の音楽なのかも知れません。

3.  音楽のように
ニューヨークで活動する日本人合唱団、 The New York Mixed Chorus から「愛唱曲としての無伴奏曲を」との委嘱により作曲。コロナ禍にあって、セントラルパークで初演されるという、思い出に残る楽曲となりました。私自身が音楽を続け、いつでも音楽に焦がれる理由を代弁してくれたかのようなこの詩に付曲できた喜びも、一生忘れないでしょう。
 
相澤直人

ページトップへ