実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
休業
2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 相澤直人:「明日(あした)はケロリとくるもんだ」女声合唱アルバム

相澤直人:「明日(あした)はケロリとくるもんだ」女声合唱アルバム

価格 : 税込1,760円(本体1,600円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
※カワイ出版ONLINEは9月29日(木)・30日(金)を棚卸の為休業致します。28日(水)午後以降の在庫商品は10月3日(月)の発送となりますのでご注意ください。
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
作曲:相澤直人
作詩:きむらえいり
A4判/44頁
グレード:中級
演奏時間:約20分
ISBN 978-4-7609-2591-9
どこか大人の事情や捻り、スパイスのある詩人の小さな日常を言葉にしたテキストを、言葉に素直に向き合って生まれた音で紡がれるアルバム。心をほっこりとさせてくれるような小品が詰まっている。
1. ねがい               (1’20”)
2. いっしょ            (2’00”)
3. けろりと            (2’40”)
4. いろぬり            (2’20”)
5. かの日               (2’50”)
6. どれにしようかな(3’15”)
7. ラブソング         (3’20”)
8. おわかれ            (2’10”)

 
<まえがき>

 この曲集に収められた作品は、主に私自身が指揮をする身近な合唱団、身近な人たちのために書いた曲です。詩を書いてくださった方は、以前に私の合唱団でメンバーとして歌っていた小学校の先生。歌っても、絵を描いてもセンスがある彼女に、ある時にいわゆる「無茶振り」的に詩を書いてもらったところ、曲もスルスルと書けてしまったことから、詩人・きむらえいりさんとの新しい繋がりが生まれました。小学校の先生ならではの視点を基本スタンスとしながらも、どこか大人の事情や、捻り、スパイスを感じるきむらえいりさん独特の世界、皆さまにもどうぞ手にとっていただき、お楽しみいただければ幸せです。なお、すべての詩は、作曲意図などを伝えた上で書き下ろしていただきました。

1. ねがい
コロナ禍で歌を歌えない、私が担当する学生たちのために作曲。簡易な二部形式に僅かな終結部がつき、前奏曲的な役割を持っています。

2. いっしょ
全音音階を用いた部分と、調性の機能を持った部分が交互に現れ、やや異質な香りを醸し出します。1曲目と3曲目を繋ぐ役割、曲集全体のバランスを考えて加えた楽曲です。

3. けろりと
きむらえいりさんは実はカエル博士?で、世界中のカエルの種類を言えるそうです(ピパピパ以外のすべてのカエルが大好きだそう)。そして、この作品がきむらえいりさんと生み出した記念すべき第1作目「小学生の歌う曲ってなんで短調が少ないのかしら?」「じゃぁ、作曲してみるから詩を書いてみてよ!」「わかりました!」
・・・(結局、ト長調)
同声二部合唱として書いた作品(教育芸術社刊)を、大人も歌える女声三部にアレンジしました。

4. いろぬり
この曲も3曲目までと同様にト長調の調号で始まります。しかしこれまでとは異なり、ミクソリディア旋法の香りがする冒頭から終止線まで常に軽快で、都会的な和声進行をもつ作品です。三和音を、機能和声から離れながら自由に進行させた、ユーモラスでドラマチックな展開をお楽しみください。

5. かの日
母親になった団員と、生まれた子のために作曲。前奏は夏の涼風。ハ長調は、これから塗られる無色のキャンバス。

6. どれにしようかな
詩人も想定外であろう規模を持たせた、猪突猛進系楽曲。一本しかない道、ただの人生を弛まないリズム感で表現した作品です。

7. ラブソング
美しく、儚い前奏、間奏、後奏を持つ緩徐楽章。この詩をどう読み取るかは、読み手に任されているように感じますが、曲中は所々にほろ苦さを感じさせる音を配りつつ、極めて内省的なロマンチシズムを目指しました。

8. おわかれ
ある合唱団の入団課題用独唱曲として作曲後、ただちに女声三部合唱曲に編作。「あい」と「ゆめ」がキーワードとして用いられたこの詩には、様々な願いがこもっているよう。アンコールピースとしても最適です。
 
相澤直人

ページトップへ