実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
休業
休業
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 汐見美玖:混声合唱とピアノのための「いつか虹の向こうへ」

汐見美玖:混声合唱とピアノのための「いつか虹の向こうへ」

価格 : 税込1,870円(本体1,700円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

クレジットカード決済頂けます。コンビニ払いについては詳細をご覧下さい  詳細
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2021年8月7日(土)〜15日(日)を夏季休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~16日午前の注文は8月16日発送。 ※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振の場合ご入金確認日となります。ご注意ください。>
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕〔納品予定日〕
現在〜8/16→9/2
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:汐見美玖
作詩:みなづきみのり
A4判/56頁
グレード:中級
演奏時間:約14分30秒 
ISBN 978-4-7609-2048-8


2017年2月、合唱団「うぃろう」による委嘱作品。2021年2月、混声合唱団名古屋大学コール・グランツェにより「通り雨」を加えた全曲初演。雨をテーマにした作品。雨をマイナスではなくプラス思考で捉えており、物語として楽しむような感覚で作られた混声四部合唱作品。全4曲。

1. 雨の樹の主題による小幻想    (3’20”)
2. 長靴を履いた天使        (5’20”)
3. 通り雨(無伴奏 / ヴォカリーズ) (1’20”)
4. いつか虹の向こうへ       (4’30”)


 
<まえがき>

 この作品は、(少なくとも作曲者としては)最初から組曲として構想していたわけではありませんでした。
 まず、2015年6月に新潟で行われた「初夏の交歓演奏会2015〜あまやどりコンサート〜」にて初演された「長靴を履いた天使」(女声合唱版)を1 曲ものとして作曲したところからスタートし、その後、大変有難いことに様々な合唱団に再演頂き、都度細かな改訂を重ねて行った結果、こんにち 4 曲の組曲として出版させて頂く運びとなりました。

 この作品は、関わってくださった合唱団の皆さまと共に作り上げてきたといっても過言ではありません。
 「雨」というと、ともすれば内向的な面や、アンニュイにさせうる面も持ち合わせていますが、この作品ではそういった面は主軸にせず、そして、どちらかというと雨を慈しんだり、楽しんだり、雨による浄化や、恵みのようなものを軸にすることを意図して作りました。
 この空気感は、詩によって導き出されたところが大きいです(特に「長靴を履いた天使」「いつか虹の向こうへ」はどちらもポップで親しみやすい詩です)。

 この作品は、組曲としても、もちろんそれぞれ単品としてもお楽しみ頂けます。
 「『雨』にまつわる詩で書かれた演奏会用作品集」というイメージで、1曲1曲のストーリーを、短編集を読むような感覚でお楽しみ頂ければ幸いです。
汐見美玖

ページトップへ