その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2021年 01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
休業
2021年 02月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 上記以外のジャンル > 歌曲 > 宮本益光:歌曲集「私の歌」

宮本益光:歌曲集「私の歌」

価格 : 税込2,090円(本体1,900円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年12月29日(火)〜2020年1月4日(月)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・休業中のご注文は2021年1月5日出荷予定
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕             〔納品予定日〕
現在   〜2021年1月5日(火) ⇒  1月19日出荷予定 以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作詩:宮本益光、谷川俊太郎、新川和江、林望、高田敏子
作曲:宮本益光
A4判/64頁
グレード:中級
ISBN   978-4-7609-4187-2
バリトン歌手の他、演出やプロデュースなど多彩な才能を見せる宮本益光の自作歌曲集。同名のCD録音から編曲作品を除いた、さまざまな機会に作曲されたオリジナル作品を収録した。 自作の詩のほか、谷川俊太郎などのテキストに付曲している。 ポップ調の「ソング」から無調の曲までスタイルも多様であるが、言葉を大事にした作曲姿勢は変わっていない。

1 私の歌(宮本益光  詩) (3'49")
2 パパとママのうた(宮本益光  詩) (2'46")    
3 抱きしめる(宮本益光  詩) (2'12")
4 マヒルの湖(宮本益光  詩) (3'49")
5 うたうこと…平和へのソネット(宮本益光  詩) (2'51")
6 名(谷川俊太郎  詩) (1'36")
7 あげます(谷川俊太郎  詩) (2'27")
8 うたうだけ(谷川俊太郎  詩) (5'25")
9 祝婚歌(谷川俊太郎  詩) (3'48")
10 朝ゆえに(谷川俊太郎  詩) (4'30")
11 樹 氷(高田敏子  詩) (4'02")
12 人生の希望(林 望  詩) (3'51")
13 海(新川和江  詩) (4'32")    


 
<まえがき>

 私は子どもの頃からピアノを習うだとか、合唱団で歌うだとか、決して音楽を学んでいたわけではありません。しかし祖父母の家にピアノがあって、それを右手の人差し指一本で叩くことに喜びを感じるような少年でした。知っているメロディーをよちよちとたどり、その音の世界の中に没入することは少年時代の大きな楽しみでした。

 少しずつ楽譜が読めるようになってくるとなぜか自分で作曲したくなり、自己流で音符を並べてはよくカセットテープに録音したものです。学校の先生のテーマソングを作詞作曲して校内放送で流す…なんて悪戯もやりました。

 声楽家・オペラ歌手として世界中の素晴らしい作品に触れるようになると、音という絵具に無限の可能性を見出す作曲家の仕事に、さらに興味を持つようになりました。懲りることなく「自分にもできるかもしれない」と作曲の真似事をするのですが、描きたい思いと描かれた絵は一致しないものですね。

 それでも作曲することをやめなかったのは、声楽家・オペラ歌手として舞台に立つために、大袈裟に言えば私が私であるために必要な行為だと感じていたからです。五線紙に音符を書き続けることで、印刷された誰かの楽譜のそこに至るまでの時間をより感じることができると信じています。

 今回、ご縁に導かれ私の歌曲集が出版される運びとなりましたが、世に出すことの意義を問われたら、日曜作曲家の私は答えに窮してしまうでしょう。そんな幾ばくかの後ろめたさを抱きつつ、それでも出版されて嬉しいのは、どこかで演奏される可能性を得たからです。人の手を介することで私の拙い音は命を得るでしょう。そして、もしも気に入ってくださったなら、私はその思いに生かされるのです。
宮本益光

ページトップへ