合唱オンライン・ティービー その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
休業
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 男声 > 三宅悠太:男声合唱とピアノのための「修司の海」

三宅悠太:男声合唱とピアノのための「修司の海」

価格 : 税込1,870円(本体1,700円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年8月8日(土)〜16日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~8月16日(日)のご注文*→8月17日(月)出荷予定
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕 〔納品予定日〕
現在   〜8月17日(月) ⇒ 9月2日(水)納品(8月17日から2週間強)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:三宅悠太
短歌・作詩:寺山修司
A4判/52頁
グレード:中級
演奏時間:約17分40秒
ISBN 978-4-7609-1800-3


2019年12月、早稲田大学グリークラブによる委嘱初演。
寺山修司の「海」にまつわる短歌・詩作品がテキストになっており、全体の物語性を大事に選出されている。寺山の「海」とともに描かれる孤独感、憧憬、追憶は様々なスタイルで表出され、終曲では作曲家ならではの大きなうねりと解放された音楽が響き渡る。協奏するピアノも本作品の重要な役割を果たしている。
男声合唱の新たなレパートリーとして、年代問わず取り上げてもらいたい作品。全5曲。

. 海を知らぬ少女の前に/かなかな啼けり (3’20”)
. 半分愛して (2’30”)
. 海のない帆掛船/泣いたままの壁の絵 (2’50”)
. サンゴ (4’40”)
. かなしくなったときは (4’20”)


 
<まえがき>

「海」は彼の原風景なのだろうか――寺山修司の全集を手に取り数多の詩句に接していると、描かれる孤独に、憧憬に、追憶に…いつも「海」がある――彼の言葉に感化され、誘(いざな)われ、やがて音楽の律動が生まれ、この「海」をテーマにした全5曲から成る男声合唱組曲が完成した。早稲田大学グリークラブの2019年委嘱作品である。

.海を知らぬ少女の前に/かなかな啼けり
組曲のプレリュードとなるのは、修司が15歳の時に綴った短歌。言葉から溢れる瑞々しい青春の広がり…そのエネルギーを全身に浴びるような音を紡ぎたいと思い筆を進めた。切れ目なく演奏される後半の「かなかな啼けり」にも少女が登場する。病床の少女と、薄命を燃やし啼いている蝉との共存。修司の言葉はあまりに美しい。

.半分愛して
‘のこりの半分でだまって海を見ていたいのです’――吐露される言葉を歌い上げる、ブルース調の音楽。情感が自然な形で表出することを願い、ホモフォニックなテクスチュアを基調としている。

.海のない帆掛船/泣いたままの壁の絵
2つの句に感化され、空虚と孤独の質感に支配されるような、静的かつ内向的な音世界を目指した。組曲の中間部分にあたり、インテルメッツォ的な性格を孕む。ピアノパートにはハーモニクス奏法が終始用いられ、あらゆる響きが共鳴し、瞬間瞬間に心象が刻まれてゆく。

.サンゴ
少女の問いが起点となり描かれていく、一つの物語。詩の展開とシンクロするように、コントラスト豊かに音楽のシーン変化が描かれていく。中間部のアカペラに入る直前に束の間暗示されるピアノ間奏の旋律は、終盤にコラール旋律となってコーダが形成される。

.かなしくなったときは
修司にとって「海」とは何なのか――ひとつの帰結点のようにも感じられるこの詩を、組曲のフィナーレに置くことにした。これまでの緊張や混沌から解放され、純化・浄化されゆく章として構想したものである。

2019年12月、東京芸術劇場に響き渡った早稲田大学グリークラブによる美しい初演。透明さと深淵さは繋がっているのだということを教えてくれた、忘れ得ぬ機会となった。そして、私の友人であり尊敬する音楽家である、指揮者の相澤直人氏・ピアニストの渡辺研一郎氏のお二人に命を吹き込んでいただけたことは、作曲者として大変に幸せなことであった。此処に改めて感謝の意を表したい。

この楽譜を手に取ってくださったお一人お一人に、心より御礼申し上げます。
三宅悠太
音源は早稲田大学グリークラブ様よりリンク許可を頂きました。下記画像をクリックすると再生ページが表示されます。
全曲(初演)

ページトップへ