合唱オンライン・ティービー その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 みんながピアニストプロジェクト 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
楽譜・音楽書祭り
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 三宅悠太:混声合唱曲集「木に寄せる5つの歌」

三宅悠太:混声合唱曲集「木に寄せる5つの歌」

価格 : 税込1,870円(本体1,700円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年8月8日(土)〜16日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~8月16日(日)のご注文*→8月17日(月)出荷予定
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕 〔納品予定日〕
現在   〜8月17日(月) ⇒ 9月2日(水)納品(8月17日から2週間強)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作詩:金子みすゞ・高良留美子・辻征夫・茨木のり子・和合亮一
作曲:三宅悠太
A4判/56頁
グレード:中級
演奏時間:約19分10秒
ISBN 978-4-7609-2043-3
2019年7月、板橋区混声合唱団により委嘱初演された。
「木」をテーマに、5つの美しい詩とそこに寄り添うような音楽。各詩人の異なる世界観を大事にしながら、5曲それぞれ様々なスタイルで音楽が描かれている。4曲目を頂点とした構成で、全体像も秀逸な作品。技術的にも歌いやすく、磨けば磨くほど合唱団それぞれの美しさが引き立つような曲集にもなっている。
終曲のみア・カペラ。

1. 木(詩:金子みすゞ)
2. 木(詩:高良留美子)
3. 木(詩:辻征夫)
4. 木は旅が好き(詩:茨木のり子)
5. きおくの木(詩:和合亮一)


 
<まえがき>

 同じ場所に佇み生きる「木」という存在に、私達は自らの生を重ね、想像を巡らせる。そして多くの詩人達は銘々「木」への言葉を紡ぎ、「木」と私達とを新たな次元で繋いでくれる。今作は(2019年作曲時)40年という歴史を重ねてこられた板橋区混声合唱団へのオマージュとして作曲した曲集であり、「木」をテーマに描かれている幾多の詩の中から世界観や角度の異なる5つの美しい詩を選び、音を紡いだものである。重なる年輪の如く豊饒な響きを奏でるこの合唱団の素肌が生きる音楽を目指し、筆を進めた。

1.「木」 (詩:金子みすゞ)
木への眼差し、そして滲み溢れるような愛が感じられる僅か9行の詩。言葉の質感やキャラクタが音楽に投影された、ワルツ風3拍子による小品。

2.「木」 (詩:高良留美子)
‛まだ見えないもの’への視点で描かれるこの詩の端々に、静の中に佇んでいる動の存在・エネルギーを感じる。木が描かれるのは4連のうちの1連目のみであるが、木という存在を起点に視点が広がっていくこの詩のドラマ性に感化され、広がりのある作品を書くことを主眼とした。

3.「木」 (詩:辻 征夫)
辻征夫18歳時の詩であるが、なんという孤高さと凛とした美しき緊張感(!)…この詩に接する折、思わず背筋が伸びてしまう。一つ一つの言葉が放つエネルギーや語感の魅力を生かすべく音を紡いだ作品で、詩のフォルムや展開は音楽構造にも多分に反映されている。

4.「木は旅が好き」 (詩:茨木のり子)
一つの物語の如く描かれる、木の生。J. S. Bachの〈平均律クラヴィーア曲集第1巻 第1番Prelude〉の和声・音型を引用した3部形式による作品で(放浪への憧れと共に風にそよぐ木の姿と、Preludeの流れるような上行音形ピアニズムのイメージを重ねたものである)、今曲集中でスケール的にも時間的にも最も大規模な曲となっている。

5.「きおくの木」 (詩:和合亮一)
詩が内包するスタティックな空気感と儚さに、言いようのない美しさを感じる。板橋区混声合唱団が奏でる、追憶の木。40年という歳月を重ねられてこられたこの合唱団の美しさがいっそう引き立つ終曲を書きたいと思い、筆を進めた。曲集中、唯一のア・カペラ作品となった。

 板橋区混声合唱団の皆様、楽譜を手に取ってくださった皆様へ、心からの感謝と共に――。
三宅悠太

ページトップへ