合唱オンライン・ティービー その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 みんながピアニストプロジェクト 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
楽譜・音楽書祭り
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 鈴木憲夫:混声合唱のための「Requiem(レクイエム)」

鈴木憲夫:混声合唱のための「Requiem(レクイエム)」

価格 : 税込2,090円(本体1,900円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年8月8日(土)〜16日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~8月16日(日)のご注文*→8月17日(月)出荷予定
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕 〔納品予定日〕
現在   〜8月17日(月) ⇒ 9月2日(水)納品(8月17日から2週間強)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:鈴木憲夫
A4判/64頁
グレード:初〜中級
演奏時間:約33分
ISBN 978-4-7609-2037-2
おかあさんコーラスの作品でも広く知られる作曲者は、一方で自身のライフワークである“祈りの作曲家”としても知られる。これまでに「巡礼」や「般若心経」、ローマ法王への献呈作品である「三つの聖母マリア賛歌」など、宗教・宗派を超えた作品を生み出してきた。本作は、作曲者のライフワークの集大成として作られた。初演は、ウィーン・シュテファン大聖堂のグランドコンサートで行われた。
混声四部合唱(第4曲のみソプラノ独唱)。ピアノ伴奏付き。全7曲。ラテン語詩。
1. Introit et Kyrie (6’30”)
2. Offertorium   (6’00”)
3. Sanctus    (2’30”)
4. Pie Jesu    (2’30”)
5. Agnus Dei       (3’30”)
6. Communio      (4’00”)
7. Libera me et Antiphona   (7’20”)


 
<まえがき>
 
 日本の宗教的風土は、実に多様な深い世界観を持っています。 アニミズム(原始宗教)から今に続く「日本神道」、6世紀に中国から渡った仏教、そして16世紀中頃に渡来したキリスト教、それらは多くの日本人にとって信仰対象となってきました。

 私のライフワークは「祈りの世界」です。日本人として祈りの世界に対峙してきました。今回の「レクイエム」もそうです。しかし、キリスト教=西洋、と東洋の宗教観はまったく違う軸にあります。作曲に取り組んでから完成まで3年余。改めてキリスト教の祈りの世界と向かい合い、神の光によって身が透明になる思いを経験しました。

 各宗教の違いを考察することは簡単です。しかし、共通項を探すことは難しい。私は作曲を通して共通項を見出しました。キーワードは「人生における救い」です。仏教的世界は「修行」を通し、キリスト的世界は「神の愛を信じ赦しを乞う」ことです。それらは一見して違う行為ですが、根は同じことです。「救われたい故に祈る」のです。 この作品は私のライフワークの一つの頂きです。

 この作品によって、私はこれまでの私とは違う私を発見し、そして今、その喜びに満たされています。
(−初演プログラムより−)
鈴木憲夫

ページトップへ