合唱オンライン・ティービー その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
休業
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > ピアノ楽譜 > 上級ピアノ曲集 > 松本望:ピアノのための「Gradation/コラール・ファンタジー」

松本望:ピアノのための「Gradation/コラール・ファンタジー」

価格 : 税込1,540円(本体1,400円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年8月8日(土)〜16日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~8月16日(日)のご注文*→8月17日(月)出荷予定
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕 〔納品予定日〕
現在   〜8月17日(月) ⇒ 9月2日(水)納品(8月17日から2週間強)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
作曲:松本 望
菊倍判/32頁
グレード:上級
演奏時間:約15分
ISBN 978-4-7609-6735-3
コンサートピアノライブラリー。
プログレッシブロックやジャズから影響を受けた変拍子のリズムをもとに展開していく2014年に作曲された「Gradation」とJ. S. バッハのコラールが全体に渡って用いられている2020年作曲の「コラール・ファンタジー」の2曲のカップリング。

1. Gradation                   (7’45” )
2. コラール・ファンタジー (7’00” )

 
<まえがき>

Gradation for piano

 2014年作曲。プログレッシブロックやジャズから影響を受けた変拍子のリズムをもとに展開していくが、ビートを前面に押し出すよりは、ぼかされ、滲んだ響き(それは曲中の大部分で踏み込まれるソステヌート・ペダルなどによって作り出される)の内側で絶えず音が蠢いているようなイメージで、その音の蠢きが徐々に移り変わって色合いを変えていく様を描いた。
 曲の中間部は前後の部分とは対照的にビートは無く、カデンツァ風のかなり自由な展開となっている。


コラール・ファンタジー 〜ピアノのための〜

 2019年冬〜2020年初頭にかけて作曲。J. S. バッハの「マタイ受難曲」で何度となく現れる有名なコラールの旋律を曲全体に渡って用いている。コラール旋律は、音列的に扱われる急速な音型と、原曲を彷彿とさせるゆったりした流れの両方に組み込まれ、その二つが共存しながら曲の山場へと向かって行く。
 山場を過ぎて音楽が静まった後、それまでとは違った音組織によるコラール旋律が仄かに聞こえてくる中で、前半に出て来た様々な断片が浮かび上がっては消え、やがてそれらの動きも完全に止まって曲は閉じられる。
 
松本 望

ページトップへ