実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2020年 02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
今日
休業
2020年 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 首藤健太郎:混声合唱曲「自然への喜びの讃歌」

首藤健太郎:混声合唱曲「自然への喜びの讃歌」

価格 : 税込990円(本体900円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2019年12月28日(土)〜2020年1月5日(日)を休業とさせて頂きます
<【在庫のある商品】
※現在のご注文は1月6日発送となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〜2020年1月6日     ⇒   1月21日(火)発送
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
作曲:首藤健太郎
作詩: W.ワーズワース
A4判/24頁
グレード:中級
演奏時間:約4分20秒
ISBN 978-4-7609-2511-7
イギリスの詩人W.ワーズワースの「幼少時の回想から受ける霊魂不滅の啓示」の第10節をテキストにしている。英語詩。
音楽は明るくさわやかで、歌っていても聞いていても爽快な気持ちを感じることができる作品である。
自然への喜びの讃歌     (4’20”)
<まえがき>

 《自然への喜びの讃歌》は、指揮者の岩本達明さんと神奈川県立湘南高等学校合唱部の皆さんの委嘱により作曲された作品です。

 湘南高等学校は神奈川県下有数の名門校で、合唱部は学校内外での積極的な活動を、NHK全国学校音楽コンクールをはじめとするコンクールやコンテストなどで毎年優秀な成績を収めている団体です。岩本氏と合唱部の皆さんには2018年の全日本合唱連盟主催コンクールでG4の課題曲となった、拙作《混声合唱とピアノのための組曲「草の上 〜測量船より〜」 カワイ出版刊》から「検廚魃藾佞靴討い燭世ました。学校に訪問した際は、皆さん高校生らしい実直さを演奏から感じられたことを記憶しています。このことをきっかけに、「全国の、高校生をはじめとする様々な合唱団に歌ってもらえるような作品に!」というメッセージとともに委嘱のお話をいただきました。

 私は、声楽作品において、金子みすゞ・八木重吉・三好達治など、日本語で且つ割合短い言葉の詩に創作することがほとんどでした。この機会に、自分の中で新しい何かに取り組みたいと思い、今回は意図的に母国語の抑揚から離れた世界に飛び込みました。一般的に、私たち日本人の多くにとって外国語と言いますと、一番身近なものは「英語」ではないでしょうか。いくつか読み進めていくなかで、イギリスの詩人であるワーズワースの作品に出会いインスピレーションを受けました。

 1770年生まれのワーズワースはイングランド北西部、湖の近くで幼少期を過ごしました。私はといいますと、生まれは日本の関東地方ですが、2018年2月に、湖のすぐそば、滋賀県の湖西地方へと引っ越しました。これも何かの巡り合わせ、と思っています。

 本作品は、子供時代の原体験が意識の深層に蓄積され、それが、大人になってからの精神力の源になるという主題で創作された、「幼少時の回想から受ける霊魂不滅の啓示」の中から、第10番目の詩に音楽を付けたものです。

 冒頭の「Then sing,ye Birds,sing,sing a joyous song!」という印象的な1行から始まる、自然に対する心の躍動・輝き・喜びなどの表現内容から、《自然への喜びの讃歌》という曲名にさせていただきました。音楽は、メロディックで躍動感に溢れ、軽やかな流れと澄んだハーモニーで構成され、詩の内容に沿って展開していきます。この詩と音楽の世界観を、ぜひ、お楽しみいただければと思います。

首藤健太郎

ページトップへ