その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 みんながピアニストプロジェクト 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
楽譜・音楽書祭り
2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > なかにしあかね:混声合唱のための「もうひとつの夕陽と朝陽」アイルランドの3つのうた

なかにしあかね:混声合唱のための「もうひとつの夕陽と朝陽」アイルランドの3つのうた

価格 : 税込1,540円(本体1,400円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年5月2日(土)〜6日(水)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在のご注文は5月7日以降の発送となります
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
現在〜5月6日・・→5月7日受付で5月22日お届け予定
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
日本語詞・作曲:なかにしあかね
A4判/36頁
グレード:初〜中級
演奏時間:約13分
ISBN 978-4-7609-2034-1
2019年4月21日、青森で行われた「合唱団TSUGARU第23回定期演奏会〜オールなかにしあかね作品〜」にて委嘱初演。アイルランドの小説家、詩人、文学者の詩をなかにし流の言葉に訳し作曲。美しい島の気候風土や歴史を醸し出している作品。全3曲。
1. 麦の穂を揺らす風〔無伴奏〕(キャサリン・タイナン) (3’40”)
2. 海の波(ジョセフ・プランケット)                            (4’20”)
3. もうひとつの夕陽と朝陽(ジェイムズ・ヘンリー)       (5’00”)
 
<まえがき>

 アイルランド島は「エメラルドの島」と呼ばれる緑美しい島です。グレートブリテン島の西側に、アイリッシュ海を挟んで位置するアイルランド島は、現在は英国領北アイルランドと、アイルランド共和国に分かれています。英国の支配に耐え続けたアイルランドは、1916年のイースター蜂起、1919年に独立宣言、1921年の調印によって、アイルランド共和国という独立国となりました。アイルランド全島32州のうち、26州がアイルランド共和国となり、北東に位置する6州が英国領にとどまったのが現在の北アイルランドです。

 アイルランドの歴史は、古代信仰やケルト文化に象徴される豊かな精神性と、英国支配の厳しさによって複雑に形作られて来ました。神秘的な大自然、古代遺跡、妖精にギネス・ビールにアイリッシュ・ミュージック・・・哀しみも切なさも喜びも、すべてを心の深いところで醸成させてきた、この島国の人々が紡いできた言葉を、ぜひ歌にしたいと思いました。

 「麦の穂を揺らす風」の詩人キャサリン・タイナン(Katharine Tynan 1861-1931)は、アイルランドを代表する詩人ウィリアム・イェーツらと共にアイルランド文芸復興運動にも深く関わりました。息子2人が第一次世界大戦で従軍し、従軍兵士の母の視点を持つ詩を多く書いています。

 「海の波」の詩人ジョセフ・プランケット(Joseph Mary Plunkett 1887-1916)は詩人であり、1916年のイースター蜂起を主導した7人の “革命の英雄” の最年少メンバーです。28歳で処刑される前夜に、収監されたキルメイナム刑務所の礼拝堂で、婚約者グレース・ギフォード(Grace Gifford 1888-1955)と結婚しました。

 「もうひとつの夕陽と朝陽」の詩人ジェイムズ・ヘンリー(James Henry 1798-1876)は、古典文学者であり医者であるというユニークな経歴を持ち、生涯を紀元前のラテン語詩人ウェルギリウスの研究に捧げました。1980年代に数編の詩が “再発見” され、再評価され始めています。
 
なかにしあかね

ページトップへ