合唱オンライン・ティービー その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 みんながピアニストプロジェクト 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 松下 耕:女声合唱とピアノのための「じぶんのための子守歌」

松下 耕:女声合唱とピアノのための「じぶんのための子守歌」

価格 : 税込1,650円(本体1,500円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年8月8日(土)〜16日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~8月16日(日)のご注文*→8月17日(月)出荷予定
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕 〔納品予定日〕
現在   〜8月17日(月) ⇒ 9月2日(水)納品(8月17日から2週間強)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
作曲:松下 耕
作詩:工藤直子
A4判/40頁
グレード:初〜中級
演奏時間:約18分10秒
ISBN 978-4-7609-2578-0
コールアイリスにより2018年9月22日初演。工藤直子の平明で女性らしい詩によくマッチした心和む作品。ピリッとスパイスの効いた感性と、「あなたにあえてよかった」「うまれてきてよかった」というポジティブな締めくくりが感動的である。全5曲。
1. みえない手紙     (4’30”)
2. ひとりぼっち     (3’15”)
3. さがして       (3’35”)
4. じぶんのための子守歌 (3’20”)
5. もしも        (3’30”)
 
<まえがき>

 北海道、岩見沢には、私が若い時からお世話になっている先生ご夫妻がいらっしゃる。合唱指揮者の横山直樹先生、そして義子先生である。

 義子先生が指導していらっしゃる、《コールアイリス》は、2018年、おめでたいことに創立60周年を迎えられ、記念演奏会が催された。その演奏会のために、光栄にも私に新曲を書かせてくださった。
横山義子先生は、この演奏会で指揮者をご勇退なさる、とのことで、構想を練る私の想い入れも一入となったが、演奏会当日を迎えるまでには、いくつかの大きな出来事が待ち受けていた。

 一つは、義子先生がご病気になられたことである。一時は、義子先生はお振りになれないのでは、と心配されたが、幸いにも、当日は一つのステージの指揮を務められた。また、私の作品はご主人である横山直樹先生のタクトのもと、感動的な演奏をしていただき、聴衆の涙を誘った。さらに、他のステージではご子息の横山琢哉さんが指揮をされ、まさに「横山ファミリー」による温かい、忘れられない演奏会となったのであった。

 もう一つは、演奏会直前に北海道胆振東部地震に見舞われたことだ。その日は、私がコールアイリスの練習に伺うことになっていた日で、前日から岩見沢に宿泊していて、早朝、ホテルで被災したのだった。練習は止むなく中止となってしまったのだった。一時は、本番の開催も危ぶまれたが、幸いなことに、無事演奏会は開催され、会場のまなみーる岩見沢市民会館大ホールには満員のお客様が詰め掛けたのであった。

 私が、コールアイリスの皆さんのために選んだ詩は、工藤直子さんの、この組曲と同名の詩集に所収されているものである。いつも自然体で、飾らず、人生を謳歌している工藤さんの、慈愛に溢れた言葉たちを、コールアイリスの皆さんは、演奏会で実に見事に再現してくださった。そこには、長年歌い続けてこられたメンバーお一人おひとりの豊かな人生が満ち、合唱団と義子先生との強い絆と、直樹先生の深い愛情がひしひしと伝わってきた。
 
 工藤さんの言葉とともに、ご自分の人生賛歌としてこの曲を歌っていただけたら幸いである。

松下 耕

ページトップへ