実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
休業
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 歌曲 > 辻 裕久・なかにしあかね:イギリス歌曲シリーズ3「Amazing Grace イギリスの聖歌とクリスマスキャロル」なかにしあかねの編曲による

辻 裕久・なかにしあかね:イギリス歌曲シリーズ3「Amazing Grace イギリスの聖歌とクリスマスキャロル」なかにしあかねの編曲による

価格 : 税込2,420円(本体2,200円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2019年12月28日(土)〜2020年1月5日(日)を休業とさせて頂きます
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
-12月27日ご注文    ⇒   3週間強で発送
12月28-2020年1月6日     ⇒   1月21日(火)発送
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

監修:辻 裕久・なかにしあかね
編曲:なかにしあかね
A4判/88頁
グレード:中級
ISBN 978-4-7609-4183-4
たくさんの優れた作品があるにも関わらずあまり日本では知られていないイギリスの歌曲。
この分野での第一人者である辻 裕久・なかにしあかねの監修で、これらの素晴らしい作品を日本に紹介するシリーズの第3弾。
今回はクリスマスなどでうたわれる英語のキャロルを中心とした曲集。
イギリスの四大讃美歌の「Hark! The Herald Angels Sing」「Rock of Ages, Cleft for Me 」や「Amazing Grace」なども収録する。全体に調性は高声向きである。
1.   What a Friend We Have in Jesus(いつくしみ深き)
2.   Rock of Ages, Cleft for Me(ちとせの岩よ)
3.   Deck the Hall(ひいらぎ飾ろう)
4.   God Rest Ye Merry, Gentlemen(世の人忘るな)
5.   Joy to the World(もろびとこぞりて)
6.   O Come All Ye Faithful(神の御子は)
7.   Hark! The Herald Angels Sing(天には栄え)
8.   Ding! Dong! Merrily on High!(ディンドン鐘が鳴る)
9.   Once in Royal David’s City(ダビデの町に)
10. The Holly and the Ivy(ひいらぎとつたは)
11. What Child is This(グリーンスリーヴス)
12. We Wish You a Merry Christmas(おめでとうクリスマス)
13. The First Nowell(まきびとひつじを)
14. The Twelve Days of Christmas(クリスマスの12日)
15. Coventry Carol(コヴェントリー・キャロル)
16. Amazing Grace(アメイジング・グレイス)
イギリスの聖歌とクリスマスキャロル
各曲解説・日本語訳と歌い方ポイント
 
<まえがき>
 
   私達日本人にとって最も親しみ深い外国語である英語を、ぜひ多くの歌手の皆様に歌って頂き、豊かなレパートリーの宝庫を手に入れて頂きたいと願って、このイギリス歌曲シリーズはスタート致しました。  
   1巻『イギリス愛唱歌集 The Water is Wide』では、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの民謡を中心に、日本でも良く知られている歌を「愛唱歌」としてご紹介しました。2巻『シェイクスピアの世界 O mistress mine』では、言葉の魔術師シェイクスピアの言葉をテキストとしたバロックから20世紀初頭までの美しい歌曲を収録致しました。それらの歌が生まれた歴史・文化的背景や、各曲の英語歌唱のポイントなどを丁寧に解説することも、このシリーズの大切な役割と考えております。
 
 さて、この3巻は「イギリスの聖歌とクリスマスキャロル」編です。目次をご覧頂くと、ほとんどがご存知の歌ではないでしょうか。これらの歌は、今、驚くほど私達日本人の耳にも浸透しています。
 
 巻末に詳しく解説させて頂いておりますが、これらの歌は、教会の中だけで生まれ育ったのではなく、多くが民謡と同じように庶民の口から口へと歌い継がれてきたものです。替え歌、替えメロディーなんでもありの民謡の歴史と同じく、同じメロディーで世俗的な言葉を歌えば民謡となり、宗教的な内容を歌えばキャロルになる、聖歌同士も韻律が同じであれば歌詞とメロディーを自在に入れ替える...まさに変幻自在、自由自在な、生きるエネルギーの産物です。シンプルなメロディーと言葉は、民衆の声であり、だからこそ、時間を超え国を超え宗教を超えて、人々の耳に残り心に深くとどまるのだと思います。
 
 本書は文化としてのイギリスの歌に多角的に光を当てることを目的としておりますので、イギリス民謡を起源とする歌、作曲家(もしくは作詞家)がブリテン島かアイルランド島の出身である歌を、16 曲ラインナップしております。現代良く歌われている歌詞やメロディーを基準として、歌曲として高声用に編曲しておりますが、もちろん移調や、歌詞の入れ替え、繰り返しのカットや装飾などは、どうぞご自由になさって下さい。これらの歌を通して、名もなき庶民の懸命な暮らしの傍に、その日その時の精神活動があり、歌があったことに想いを馳せて頂けましたら、幸いです。
 
辻 裕久・なかにしあかね

ページトップへ