第9回三善晃ピアノコンクール 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
休業
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 中西 覚:無伴奏女声(同声)合唱組曲「虫の詩(うた)」

中西 覚:無伴奏女声(同声)合唱組曲「虫の詩(うた)」

価格 : 税込1,210円(本体1,100円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年8月10日(土)〜8月18日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜8月19日正午までのご注文は8月19日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〜8月19日ご注文     ⇒   9月4日(水)お届け予定
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:中西 覚
作詩:橋爪 文
A4判/16頁
グレード:中級
演奏時間:約6分35秒
ISBN 978-4-7609-2185-0
作曲者が指導している西宮少年合唱団第56回定期演奏会のために書かれた作品。小さな生き物たちのユーモアあふれる姿を歌にしたもの。2018年3月24日初演。ことばあそびうた風で短いがステージ向けに使うだけでなく、音程や音階の練習曲集としても使える。全3曲。
1. こめつきばった (1’35”)
2. みみず (2’00”)
3. 蟻 (3’00”)

 
<まえがき>
 
「虫の詩」は、私が指導している西宮少年合唱団の第56回定期演奏会のために作曲したものです。西宮少年合唱団の“少年”は、少年期の子どもたちを意味し、1961年に西宮市の育成団体として創設されて以来58年間に及ぶ活動を続けている少年少女合唱団です。
 
 さて、女声合唱や同声(少年少女)合唱には、普通ピアノを伴う曲が多いのですが、時にはこの歌のように、ア・カペラの曲を採り上げてうたうことが、実力をつける意味でも、より透明なハーモニー感を養う意味でも、とても大切なことだと思います。
 
 この「虫の詩」は、詩人 橋爪文さんの詩集「乗り捨てられたブランコ」の中の「虫の詩」から抜粋したものです。発想がとてもすてきです。もっと遠くへ飛ぼうと考えているうちに脚が曲がってしまったという「こめつきばった」、時間をもてあましているという「みみず」、ありことばがあるという「蟻」、いずれも私たちが思いもつかない想像の翼の広がりがあり、そしてとても楽しい詩たちです。

 橋爪文さんは、広島で被曝され弟さんを亡くされた経緯をお持ちですが、それだけに、生きとし生けるものへの限りない愛と優しさが、この詩にもあらわれているのではないでしょうか。
この歌をうたうことで、すてきな発想の世界を、ぜひ楽しみ味わってほしいと願っています。
中西 覚

【中西 覚(なかにし さとる) 略歴】
1934年大阪生まれ。現在までに作品展8回(文化庁芸術祭参加2回)、同人作品発表会32回のほか各種コンサートへの出品やCD・楽譜出版、委嘱作品など多数。兵庫県民創作オペラ「おさん茂兵衛丹波歌麿」などオペラも9作。日本作曲家協議会会員。作曲集団たにしの会代表・ひょうご日本歌曲の会代表・創作音楽活動グループ野薔薇の会代表・全日本少年少女合唱連盟相談役・兵庫県音楽活動推進会議顧問・神戸市芸術文化会議相談役その他の役職。地域文化功労者表彰(文科大臣)・日本キワニス文化賞・芸術文化団体半どんの会60周年記念半どん文化大賞・大阪文化祭賞(関西オーケストラプロジェクト)・音楽教育功労賞・兵庫県文化賞・神戸市文化賞・西宮市民文化賞・同教育功労賞・ブルーメール賞等を受賞。

ページトップへ