第9回三善晃ピアノコンクール 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
休業
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 猪間道明:女声合唱のためのメドレー「続・TOKYO物語」

猪間道明:女声合唱のためのメドレー「続・TOKYO物語」

価格 : 税込1,620円(本体1,500円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年8月10日(土)〜8月18日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜8月19日正午までのご注文は8月19日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〜8月19日ご注文     ⇒   9月4日(水)お届け予定
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

編曲:猪間道明
A4判/40頁
グレード:初級〜中級
演奏時間:約17分30秒
ISBN 978-4-7609-2235-2


既刊の「TOKYO物語」の姉妹編(続編)。2019年9月14日「磯辺女声コーラス 第18回定期演奏会」にて委嘱初演。昭和30年代のヒット曲から「東京」を感じさせる歌を選び、ストーリーを構成。演出がしやすいように、ところどころナレーションがついている。女声二部合唱。前奏曲含め全10曲。

1. 前奏曲
2. 東京だョおっ母さん
3. 有楽町で逢いましょう
4. ガード下の靴みがき
5. 上を向いて歩こう
6. おーい  中村君
7. 下町の太陽
8. ウナ・セラ・ディ東京
9. こんにちは赤ちゃん
10. 見上げてごらん  夜の星を


 
<まえがき>
 
 昭和20年代の歌謡曲を集めたメドレー『TOKYO物語』が刊行されたのは1996年のことだった。
「『銀座カンカン娘』を歌いたい!」というひとりの女子大生の声からはじまった企画だったが、「20年代」「東京」「女性」とテーマを絞った選曲、女声二部合唱という比較的取っつきやすい編成、それに随所に挿入されたナレーションを兼ねたメッセージ文などが受けたのか、おかげさまで大好評をもって迎えられ、いまなお版を重ね、多くの合唱団で歌われ続けている。編作者としてこれほど嬉しいことはない。

 しかし、その一方で、「もう少し新しい歌が入っていれば……」という声も聞くようになった。考えてみれば、昭和20年代の歌をリアルタイムで聴き、歌い、愉しんだ世代のかたがたは、お齢を重ねられて、合唱の現場からは次々と離れてしまっているはずで、もはや『TOKYO物語』は文字通りのナツメロ曲集ということになっているだろう。平成も過ぎ、令和の時代となり、歌う人も聴く人も、もう少し新しい年代の歌を欲しがっているとしても不思議はない。
 
 そんな中、『TOKYO物語』の出版のきっかけを作ってくれた磯辺女声コーラスからのお話があり、「続篇」を作ることになった。
 基本的には『TOKYO物語』と同じスタイルで、「昭和30年代」「東京」をテーマにして作ってみた。なお「女性」のテーマは、今回は混声版も引き続き作成する予定なので、特に意識していない。

 私は昭和39年の生まれなので、これらの歌たちは、私が生を受ける直前まで歌われていたことになる。日本経済は戦後10年にして戦前の水準を取り戻し、それから18年間にわたる奇跡的な高度成長を成し遂げた。私自身の知るその後半の時代は、公害や人間疎外などさまざまな負の面も次々に露呈してきつつあったが、前半にあたる30年代は、まさに昨日よりは今日、今日よりは明日がより良くなるという、希望と飛躍の時代と言って良かった。『続・TOKYO物語』は、いわば日本人が純粋に未来を信じられた時代へのオマージュである。
 
この曲集が、『TOKYO物語』同様、多くの人々に歌い継がれることを祈っている。

 
猪間道明

ページトップへ