第9回三善晃ピアノコンクール 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
休業
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > なかにしあかね:混声合唱曲「明日(あした)」

なかにしあかね:混声合唱曲「明日(あした)」

価格 : 税込770円(本体700円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年8月10日(土)〜8月18日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜8月19日正午までのご注文は8月19日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〜8月19日ご注文     ⇒   9月4日(水)お届け予定
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:なかにしあかね
作詩:みなづきみのり
A4判/16頁
グレード:初〜中級
演奏時間:約3分
ISBN 978-4-7609-2446-2


2018年夏の西日本豪雨で被害に合われた方々の復興を祈り、2019年7月7日に岡山で行われるチャリティーコンサートのために、既刊の「女声合唱組曲 白鳥」に収録の「明日」を混声四部合唱版にしたもの。
今日よりも明日はもっと良い日であることを願った作品。

明日(あした) (3’00”)


 
<まえがき>
 
 この作品は女声合唱組曲『白鳥』(1. 満月 2. 砂漠 3. 白鳥 4. 明日)の最終曲を混声合唱版に直したものです。原曲の『白鳥』は、第32回国民文化祭・なら2017「合唱の祭典 in 奈良」のために作曲し、奈良県合唱連盟女声合同合唱団(指揮 当麻礼子先生)の皆様に素晴らしい初演をして頂きました。
 
 2018年7月7日に西日本豪雨が日本列島を襲いました。翌2019年7月7日にちょうど岡山で予定されていた大森友美子(sop.)、辻 裕久(ten.)、なかにしあかね(pf.)ジョイントリサイタルを、大森先生はじめ現地の皆様とご相談して急遽、豪雨災害のための支援チャリティーコンサートとして開催することにしました。この日のために、辻 裕久門下を中心とする歌手の皆さんが全国各地から岡山に集結して下さることになり、この方々に「明日」を歌って頂こう! ということで、この混声版ができあがりました。
 
 西日本豪雨災害で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 小さな祈りがひとつになって、響き合うことができますように。

なかにしあかね
 

ページトップへ