第9回三善晃ピアノコンクール 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
休業
2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 市原俊明:混声合唱とピアノのための組曲「目をそらさずに」

市原俊明:混声合唱とピアノのための組曲「目をそらさずに」

価格 : 税込1,836円(本体1,700円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

ただいま1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格・税抜)
ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜5月7日正午までのご注文は5月7日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
                             現在〜5月7日→    5月22日(水)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:市原俊明
作詩:吉原幸子
A4判/56頁
グレード:中級
演奏時間:約18分20秒
ISBN 978-4-7609-2025-9


2018年12月24日、大阪大学合唱団第60回記念定期演奏会委嘱作品。
1曲1曲が展開豊かな充実した作品であり、全体としても一つのストーリーのような感覚を意識して書かれた組曲。歌い手にあわせ若さあふれるダイナミックな作品に仕上がっている。全4曲。

1 絵本   (4’50")
2 HELP!  (3’30")
3 祈り   (4’15”)
4 生きる  (5’45”)


 
<まえがき>
 
 吉原幸子さんは、私が敬愛する詩人のひとり。ただそのことは、誰にも言ったことがありませんでした。ですのでこの委嘱をお受けした際、大阪大学混声合唱団の皆さんからテキストの候補として吉原幸子さんの詩が提示されたときは驚きましたし、なにか運命めいたものを感じたことを覚えています。
 そして出来上がった曲を聴いたとき、詩と合唱団の相性の良さを音楽で橋渡しできたような、これまで味わったことのない達成感を感じたのでした。
 
 提示された候補の中の『生きる』という未刊の作品がとても印象的で、この詩を最終楽章に置いた組曲のビジョンがまず浮かび、それに沿って他の楽章のテキストを選んでいきました。このような経緯から、最終楽章『生きる』がこの組曲の重心ともいえる存在で、そのためこの楽章の冒頭(「瞳のひかるわかものは〜」の部分)のメロディーが、その他三楽章の様々な箇所に織り込まれています。また第三楽章『祈り』では、フォーレのレクイエムから『リベラ・メ』の主題が引用されています。「わたしを解き放ってください」という一節を読んだ時、即座にこのメロディーが頭に浮かび、どうしても曲中で活かしたくなったのです。

 もともと面識も繋がりもほぼなかった私に大切な記念作品を委嘱してくださり、そして圧巻としか言いようのない初演をしてくださった “阪混” の皆さん、曲の完成のうえでも大きなご協力・ご助言をくださった名島先生、石井先生。またカワイ出版の牧野さえ子さんにはいつもながらご尽力いただきました。この場をお借りして心からの感謝を申し上げます。
市原俊明

ページトップへ