実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
休業
2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 萩 京子:長田弘の詩による五つの混声合唱曲「おおきな木」

萩 京子:長田弘の詩による五つの混声合唱曲「おおきな木」

価格 : 税込1,620円(本体1,500円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

ただいま1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格・税抜)
ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜5月7日正午までのご注文は5月7日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
                             現在〜5月7日→    5月22日(水)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:萩  京子
作詩:長田  弘
A4判/40頁
グレード:中級
演奏時間:約13分10秒 
ISBN 978-4-7609-1999-4


2018年6月23日、合唱団エトワーユ・駒澤大学合唱団第20回ジョイントコンサートにて委嘱初演。爽やかな曲から始まり、変拍子による不思議な空間を醸し出した曲、詩だけでも笑ってしまう曲、男女の掛け合いが面白い曲、最後は何かを考えさせられたり…曲ごとにいろいろな味わいがあり、飽きの来ない合唱曲。どの世代の合唱団でも楽しめる。全5曲。

1. おおきな木        (4’00”)
2. 散歩           (3’30”)
3. ひとの歯のバラード    (1’45”)
4. 嘘のバラード       (1’55”)
5. ひつようなもののバラード (2’00”)


 
<まえがき>

 長田 弘さんの自選詩集であるハルキ文庫の「長田 弘詩集」から5つの詩を選びました。自選の詩! 詩人は数ある自分の詩のなかから何を選ぶのか? 興味があります。私が以前作曲させていただいた「ファーブルさん」も入っていてうれしくなりました。はじめに「おおきな木」が載っていて、あっという間に引きつけられ、合唱曲全体のタイトルを「おおきな木」にしました。
 長田 弘さんの詩は、やさしい語り口のようでいて、とてもきびしく鋭いので、作曲をはじめてから、のたうち回ることになります。
 
『おおきな木』
 私はおおきな木と出会うと、長い時間を感じます。詩の流れに沿って、いろいろな記憶の断片がよぎっていく、そんな歌になれば、と思いました。
 
『散歩』
 歩くことを楽しむために歩くこと。なかなかできないなあ、と思いながら、散歩に憧れつつ作曲しました。「いちばん難しいのは、いちばん簡単なこと。」そのとおりだ、と思います。
 
 続く三曲は「バラード」と名がついた3つの詩。
 
『ひとの歯のバラード』
 「われら、きみの口のなかに住む 三十二頭の白い馬。」という出だしが魅力的で、この詩をつい好きになってしまったのですが、人間に向かって挑発的な物言いをする白い馬に、最後はぐさっとやられてしまうような感覚。でもさらによく考えると、これは「歯」の孤独を語っているような気もしてきました。人が死んでも歯は残る。そこに悲しさと孤独を感じます。

『嘘のバラード』
 こんにちの日本。この詩がいよいよ現実味を帯びてしまって……。「嘘は嘘、嘘じゃない。ほんとに嘘だ。」と来れば、頭の中はクルクルしてしまいますが、詩人の語る最後のフレーズ、「本当でも嘘でもないことを ぼくはいうのだ。」という言葉で、気持ちをしゃんとさせたいです。
 
『ひつようなもののバラード』。「ひつようなものは わずかなもの。」私にとってひつような大切な言葉。詩人の書いた「言葉。白い紙に 黒い文字。」は、私のような作曲家にとっては「音。白い紙に 黒い音符」でしょうか?
萩 京子

ページトップへ