実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 相澤直人:女声合唱曲「天使、まだ手探りしている」

相澤直人:女声合唱曲「天使、まだ手探りしている」

価格 : 税込648円(本体600円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

ただいま1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格・税抜)
ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜5月7日正午までのご注文は5月7日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
                             現在〜5月7日→    5月22日(水)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:相澤直人
作詩:谷川俊太郎
A4判/12頁
グレード:中級
演奏時間:約3分50秒
ISBN 978-4-7609-2443-1


混声合唱アルバムの「天使、まだ手探りしている」の中から終曲を女声合唱にアレンジしたもの。
新たにピアノを加えて、混声や男声とは違った世界が浮かび上がって来た。

1. 天使、まだ手探りしている(3’50”)


 
<まえがき>
 
 混声版、男声版に続いて、ようやくご要望の多かった女声版を作曲しました。女声版はアンサンブルから大合唱までの多様な規模や世代の拡がりにも対応できるよう、編作に際してピアノ伴奏をつけましたので、混声・男声版にはなかった魅力に溢れています。

 この曲の主要動機である7度の上行音型と、やや意外性をもつ代理コードの使用により、短くもドラマチックなピアノによるナレーション的プロローグ。変ト長調にの主和音に終止すると、突然、イ長調で舞台の幕を開けます。私が愛用しているコード進行に落ち着いた主部は、ピアノの4ビートによって快活な雰囲気を持っています。(混声版に比べて速いテンポを指定しているのは、このピアノのリズムから湧き上がる前向きな気持ちの表れと言えるでしょう。)その後、曲は大楽節のまとまりで展開し、主に7度跳躍の動機(わたしには見えない〜)、6度跳躍の動機(わたしのこころに〜)が繰り返されます。新鮮さが失われないよう、テンションを維持しながら歌いきっていただきたいと思います。時折、add9の音(ドミソに対するレ)を求めるシーンがありますが、個人的に女声らしいあたたかさと拡がりを感じて愛用している音であり、これを美しく響かせることはサウンド作りのポイントかもしれません。 

 イ長調の持つ輝き、心が踊るテンポ・ビート感、鮮やかに跳躍する旋律を多くの方に堪能していただければ幸せです。
 
相澤直人

ページトップへ