実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 信長貴富:混声合唱曲集「女性詩人による三つの譚歌(バラード)」

信長貴富:混声合唱曲集「女性詩人による三つの譚歌(バラード)」

価格 : 税込1,728円(本体1,600円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

ただいま1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格・税抜)
ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜5月7日正午までのご注文は5月7日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
                             現在〜5月7日→    5月22日(水)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
作曲:信長貴富
A4判/44頁
グレード:中級
演奏時間:約14分
ISBN 978-4-7609-1996-3
どの曲もオリジナルは別々の機会に作曲された女声合唱作品であるが、今回混声合唱として生まれ変わる際にそれぞれの繋がりを意識して編まれた。
3人の女性詩人が記したテキストは女性ならではの細やかな視点で描かれており、今回、男声の音色が加わったことで、新しい響が生み出されている。

1. 花こそは心のいこい(福田須磨子)(5’30”)
2. 天空歌                  (永瀬清子)   (3’45”)
3. 春                        (新川和江)   (4’30”)
<まえがき>
 
 これら3つの作品は、もともと女声合唱曲として作曲したもので、私の作曲歴の初期に当たる作品も含まれています。新たに混声版の譜面を作るにあたっては、若い時期の私の未熟さを点検する作業を伴う必要がありましたが、そうしてより良いものを練り上げていく作業は総じて楽しいものでした。
 
 「花こそは心のいこい」は3曲の中では最も新しく、2013年に作曲した女声合唱曲集『世界中の女たちよ』に収録されているものがオリジナルです。詩人の福田須磨子(1922〜1974)は長崎の被爆者で、原爆の体験や原水爆を告発する作品を世に送り出しました。「花こそは心のいこい」には詩人の祈りが静かに刻まれています。

 「天空歌」(詩=永瀬清子[1906〜1995])のオリジナルは2002年作曲の女声合唱曲集『空の名前』に収録されているものです。この詩は1940〜1947年の創作による詩集『大いなる樹木』に収められたもので、戦中戦後の混乱の中で書かれたことが想像されます。鬱屈した日々の中にあっても、詩人の心の中には芸術の炎が燃えていたのでしょう。詩の中でのみ自身の精神を解放することができた時代であったのかも知れません。
 
 「春」は2006年に作曲した女声合唱曲がオリジナルです。新川和江(1929〜)の処女詩集『睡り椅子』(1953年刊行)に収められている最初期の詩です。詩の冒頭で「わたしはもう悲しむまい」と歌われます。作詩当時の若き詩人にどのような深い悲しみがあったのかは分かりませんが、その悲しみを乗り越えて生きようとする青々とした力強さを感じさせる詩です。

 このようにオリジナルは別々の機会に作曲されたものですが、ひとつのステージを成立させるために、詩の内容のゆるやかなつながりを意識して3曲の構成を考えました。3つとも女性詩人であるというのは大きな共通点ですが、女性も男性も心の根本はさして変わりがないというのが私の考え方であり、「女性詩人」という事実を大きく掲げることには憚りがあります。
 一方で、女性が生きづらい時代(それは現在も続いていると思いますが)の中で詩作を続けた3人の詩人には、共通する力強さが読み取れるのではないかという思いもあります。3曲続けて演奏される中で、明日への活力のようなものを感じていただけることがあれば、最高の喜びです。
 
 なお、出版にあたって『女性詩人による三つの譚歌』という曲集名を付けました。本書には副題として3つの曲名が併記されていますが、例えば演奏会の広告やプログラムなどに記載する場合は冗長かと思いますので副題を省いても差し支えありません。
 
 信長貴富
音源はクール・ジュネスさんにリンク許可を頂きました。下記画像をクリックすると再生ページが表示されます。
花こそは心のいこい
天空歌

ページトップへ