実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
休業
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 信長貴富:女声合唱曲集「あめちゃん」

信長貴富:女声合唱曲集「あめちゃん」

価格 : 税込1,728円(本体1,600円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

ただいま1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格・税抜)
ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※4月26日正午までのご注文を当日発送し4月最終となります。
※26日午後〜休業中〜5月7日正午までのご注文は5月7日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
ご注文日:2019年4月11日(木) →納品日:4月25日予定(遠隔地を除く)
                             4月12日〜26日 →    3週間強(5月納品)
                             4月27日〜5月7日→    5月22日(水)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★
 



楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  

作曲:信長貴富
A4判/48頁
グレード:中級
演奏時間:約16分30秒 
ISBN 978-4-7609-2567-4
関西の「女性指揮者の会」委嘱作品。関西弁で書かれた詩をテキストとしており、その地方のアクセントに従うことに強い意義を感じながら作曲された。曲中の台詞は演奏団体ごとに変えることもでき、個性豊かなステージが期待できる。全5曲。
1. あめちゃん(安達祥子 詩)   (3’20”)
2. 罵詈雑言 近江風(谷川文子 詩)(3’00”)
3. おおきな木(島田陽子 詩)   (2’30”)
4. ジモティーに捧ぐ(遠藤 亮 詩)(3’40”)
5. あいうえおおさか くいだおれ(島田陽子 詩)(4’00”)
 
<まえがき>

 本作は女性指揮者の会20周年記念演奏会のために作曲されたものです。指導者によるユニオンに向けて合唱曲を書くならば、何かしらの提案性や問題意識の共有を含むものにしたいと、まず考えました。そこで選んだのが関西弁による合唱曲というテーマです。

 関西弁もしくはその他の方言詩への作曲は、過去にも多くの作曲家によって手掛けられてきたことなので、新しい着眼であるとは言えませんが、予てから私も取り組んでみたいと考えていた領域でした。標準語の詩を標準語のアクセントで作曲することに対して特別の疑いもなく私は過ごしてきたのですが、方言詩にこそ、その地方のアクセントに従って作曲する強い意義があるはずです。高低アクセントの支配を受けつつも音楽として自立したものにすることには日本人作曲家としての腕を試される要素が多く含まれています。逆に言えば、実は標準語の詩を標準語のアクセントで作曲することには方言詩ほどの意義を持たないのではないかと私は考えています。そのことを詳しく解説すると長くなるので割愛しますが、興味は尽きません。演奏においても作曲においても、言葉を尊重することはその土地の文化や歴史への敬意であり、人々への愛であると私は考えています。

 さて、今回はこのチャンスを逃すまいと関西弁の詩を集め、作曲に取りかかりました。私は生まれてから小学校入学直前まで兵庫県西宮市で育ったので、三つ子の魂百までと言いますが、関西弁に関してはある程度自信を持っていました。しかし実際に取り組んでみるとそれほど簡単ではなかったのです。そこで女性指揮者の会代表の福田美保先生にお願いして朗読音声を送っていただき、それを聴いてアクセントを書き込むことから作曲が始まりました。楽譜が完成したあとも、練習を進めていただきつつ、細部にわたって会員の皆さまからご意見をいただき推敲を重ねました。そのようにして出来上がったのがこの譜面です。

 1曲目「あめちゃん」にはセリフの記譜があります。この楽譜に書いてあるテキストは私が創作したもので、このまま使っていただいてもいいですし、演奏団体ごとに自由にお考えいただいても構いません。ぜひインパクトのある舞台作りを目指してください。
信長貴富

ページトップへ