第9回三善晃ピアノコンクール 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業
2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 男声 > 相澤直人:男声合唱アルバム「ペルホネンのレター」

相澤直人:男声合唱アルバム「ペルホネンのレター」

価格 : 税込1,512円(本体1,400円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

ただいま1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格・税抜)
ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜5月7日正午までのご注文は5月7日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
                             現在〜5月7日→    5月22日(水)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:相澤直人
作詩:minä perhonen
A4判/32頁
グレード:中級
演奏時間:約15分35秒
ISBN 978-4-7609-1956-7
塩野静一記念男声合唱振興基金の委嘱作品。2018年8月作曲者の指揮で駿河台倶楽部によって初演された。
ファッションブランドの「ミナ ペルホネン」のHPで発表されている詩をテキストとした無伴奏の曲集。
気難しくなく、長くなく、おしゃれに。発信されているブランドのイメージと詩から、男声合唱特有の骨太の音楽ではなく、男の色気を感じるようなチャーミングな曲集に仕上がっている。
1. 大切(2’15”)
2. ひっそりと(1’35”)
3. 何も無い(1’35”)
4. 0(ゼロ)(1’25”)
5. happy happens(1’45”)
6. 冬の願い事(3’30”)
7. 友と月(3’30”)
下記リンクより音源の試聴が出来ます。この曲集の音源は駿河台倶楽部様にご協力頂きました。
 
<まえがき>


 ミナ ペルホネンの皆川さんの詩は、やさしく、あたたかく、私たちの何気ない日常にとても近いところにあります。心が荒んだとき、気持ちがネガティブなとき、そっと寄り添ってくれて元気づけてくれるかのようです。皆川さんからのメールマガジンに1篇ずつ寄せられるこれらの詩に因んで、「ペルホネンのレター」とタイトルを名付けさせていただきました。それにしても、靴下やほぼ日手帳のカバーなどでミナ ペルホネンの存在を知っておりましたが、このようなステキな詩に出会うことができたことは、駿河台倶楽部の皆さんとの出会いがあったからこそです。

 この作品は、「塩野静一記念男声合唱振興基金」から委嘱され、明治大学グリークラブOB会合唱団 駿河台倶楽部によって初演されました。
 出会い。そう、委嘱のお話を頂戴し、ミーティングを持った際にこれらの詩が候補の第一として提案され、すぐに無伴奏の大きくないサイズの作品集を作ろうと心に決めました。そして、タイミングよく駿河台倶楽部の皆さんの生演奏に接する機会があり、いわゆるパワー型の合唱ではなく、センスよく楽曲をチャーミングに魅せている姿を目の当たりにしたことが、作品のスタイルを決定づけたと思います。耳に残るその感覚を踏襲しながら、様々な曲のテイストや、前後関係、1ステージのドラマとしての魅力、などがある種の即興性を軸としながら順に作曲されていったのです。以下、演奏のヒントに、作曲をした際の一言メモを付記します。

<全体の風景>
・気難しくない(詩と同じような即興性。日常に近い、心に寄り添う音楽。)
・難しくない(譜面の見た目で驚かせない。)
・長くない(メルマガに掲載されているオシャレさ、ある種の気軽さを壊さない。)
・常に洒落っ気を(自分の好きな和音をふんだんに取り入れる。)

「大 切」:シンプルな和声感を外さず、愛情たっぷりに歌いあげる楽曲。
               A dur(イ長調)は、憧れと祈り。
「ひっそりと」:無調的なC dur(ハ長調)と c moll(ハ短調)での決意、気付き。そして振り返り。
「何も無い」:その空虚感をC durで諧謔的に歌う。大きな予感って、そんな何気ないところ、何も無いところから。
「0」:ゼロの割にギュッと高密度な和音に閉じ込めてみた。
            ゼロには夢も希望もいっぱい詰まっているのだから。
「happy happens」:いけてるオジサマ専用の愛唱用鼻歌。これを口ずさむと良いこと起こりそう、な。
「冬の願い事」「友と月」:この曲集の中にあって、やや規模の大きな作品。
               2曲のバラードに共通して感じられる短調的な響きは、決して後ろ向きなものではなく、思  
               慮の深さ、願いの深さである。そしてそれは、いつか訪れる長調への憧憬を見、その未来を 
               約束しているものである。
 
相澤直人

ページトップへ