実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
休業
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > すべての商品 > 山下祐加:女声合唱組曲「燕の歌」

山下祐加:女声合唱組曲「燕の歌」




★市販CDの有無はこちらよりご確認ください

★領収書につきましてはこちらをご覧ください

カワイ出版ONLINEは平成29年3月30日(木)〜3月31日(金)を休業いたします

在庫のある商品
〇29日午前までのご注文は当日発送致します。
〇3月29日午後〜4月2日までのご注文を4月3日(月)に発送致します。

受注生産品
2週間強での納品となります。納品希望がこれより短い場合ご確認後の手配となりますのでご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

※ご注文はクレジット・代引きは注文確認時、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※平成28年6月1日ご注文分より合唱受注生産品が1部からご注文頂けます。詳細
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず3週間以降をご指定下さい。
※希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認の後手配を開始いたします

価格 : 税込1,620円(本体1,500円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  

作曲:山下祐加
作詩:立原道造
A4判/48頁
グレード:中級
演奏時間:約16分50秒
ISBN 978-4-7609-2565-0
「家(巣)」と言うキーワードで、優秀な建築家でもあった詩人の「家」という空間を通じて、彼の人生を音楽で表わそうと構成された組曲。
1から4曲目までは、緻密な構成の上、詩人の心の中を描いていく。終曲は映画のエンドロールのようにフィナーレとして作曲された。
1. 旅 装       (3’20”)
2. のちのおもひに (4’10”)
3. どうして 不意に(3’00”)
4. 唄                   (2’40”)
5. 燕の歌             (3’40”)
 
<まえがき>

 「燕の歌」は、混声版を2016年8月の舫の会演奏会で初演していただきました。そして2年後の2018年12月、東京フラウエン・カンマーコールの皆様が創立25周年記念の演奏会で女声版を初演してくださいました。

 この作品は、夭折の詩人・立原道造の夢、建築家でもあった立原道造にとっての家という場所、旅と人生といったキーワードから選んだ5つの詩で構成しています。旅をして再び軒に戻ってくる燕という鳥はそれらの象徴として、「燕の歌」を組曲の題名に選びました。

 立原道造の詩に触れると、爽やかな風とともに様々な自然の風景が浮かんできます。女声版はそういった立原道造の世界観を、混声版とはまた違った色合いで感じていただけるように思います。特に「旅装」、「のちのおもひに」は、詩の情景を想像しながら歌っていただけたら嬉しいです。「のちのおもひに」で鳴り響くミのフラットの音はホルンのようなイメージで、39小節からは混声版と違う調に転調します。
また「どうして 不意に」、「唄」からは立原道造の命の叫びが聞こえてくるようです。「どうして 不意に」では死を予感していた道造に、詩が湧いてくる衝動を音楽で表現しています。練習番号BやCはあまり重くなりすぎずワルツのように拍を感じていただけたらと思います。また、「唄」の途中(24小節から)には2曲目冒頭の旋律が顔を出します。

 立原道造と同じように、いろいろな思いを抱えながら病気や戦争で若くして亡くなった方々が、この時代たくさんいたように思います。終曲「燕の歌」は立原道造の夢だけでなく、これからの若者の夢が絶たれることがないように平和への願いも込めて作曲しました。
 
山下祐加

ページトップへ