実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
休業
2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 鈴木憲夫:混声合唱曲集「ひとひらの花びら」

鈴木憲夫:混声合唱曲集「ひとひらの花びら」

価格 : 税込1,620円(本体1,500円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

ただいま1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格・税抜)
ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜5月7日正午までのご注文は5月7日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
                             現在〜5月7日→    5月22日(水)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  

作曲:鈴木憲夫
A4判/40頁
グレード:初級
演奏時間:約15分55秒
ISBN 978-4-7609-1991-8
表題にもなっている「ひとひらの花びら」は、女声版、男声版、歌曲版で発表されており、長らく混声版の
作品が待たれていた。作曲者の個性豊かなメロディーと世界観を、ぜひ混声合唱で感じていただきたい。
1. ふるさとの木の葉の駅            〈坂村真民 作詩〉    (3'00")
2. ひとひらの花びら                  〈鈴木憲夫 作詩〉    (2'45")
3. よりそいて蛍のごとく吐息せり〈丹治富美子 句〉    (2'10")
4. こころ                                 〈木谷佐知子 作詩〉 (3'00")
5. 清冽の詩                              〈こやま峰子 作詩〉 (5'00")
 
<まえがき>
 この曲集に収められている作品はいずれも女声合唱曲として発表されました。此の度、混声合唱曲集として新たに編纂、上梓される運びとなりました。

「ふるさとの木の葉の駅」(初出2005年 女声合唱曲集「ほほえみ」)
 この作品は「二度とない人生だから」を委嘱・初演して下さった京都市の「コーラスふじの会」の指揮者・故竹上廣子先生の追悼演奏会のために書かれました。詩はとても美しく哀切的でさらに映像的です。どうかその世界をイメージしていただきたいと思います。

「ひとひらの花びら」(初出1991年 女声合唱曲集「茜の空に」)
 1990年に突然に亡くなった友人Y子さんの想い出のために作られたものです。詩の中に「この花は美しく咲き終えた花だったのか/それともこれから咲こうとしていたのか」とあるようにY子さんへの哀悼を込めています。風という言葉が出てきます。それは「世間」また「私たち」という意味合いがあります。作曲を思い立ってから一年後にこの作品は完成しました。

「よりそいて蛍のごとく吐息せり」(初出1991年 女声合唱曲集「茜の空に」)
 広大な宇宙からすれば小さな地球、さらに小さな陽だまりのようなところで生きている私たち。その小さな世界でまるで蛍の吐息のように睦みあい生きている私たちの、まさに一瞬の生命の輝きを描きたいと思いました。

「こころ」(初出1989年 女声合唱曲集「鈴木憲夫抒情小曲集」)
 18歳・高校三年の時の作品です。はじめ混声として発表され、その後、女声合唱作品となりました。稚拙ながら若々しい息吹を感じさせます。今回の混声版に当たり、大幅に手直しを加えました。

「清冽の詩」(初出1989年 女声合唱曲集「鈴木憲夫抒情小曲集」)
 1981年に発表されたこの作品は私の女声作品の中で初めの本格的な作品になります。ひとすじのしずくがやがて川となり、大きな流れとなる様を描いたこの作品は、オリジナルの女声より混声合唱の方が、この曲の持つ壮大さがより出ているように思われます。

 どの作品も私にとって古く懐かしい作品ばかりです。そして大切な作品です。それぞれの作品に込められた当時の息づかいがよみがえってくるようです。これまで女声作品として愛されたこれらの作品が、混声作品として生まれ変わり、混声合唱の世界に新しい風を送ることができますことは、私の念願であっただけに嬉しさあまりあるところです。
 
鈴木憲夫

ページトップへ