実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 鈴木輝昭:混声合唱とピアノのための「三つのソネット」

鈴木輝昭:混声合唱とピアノのための「三つのソネット」

価格 : 税込1,728円(本体1,600円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

ただいま1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格・税抜)
ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜5月7日正午までのご注文は5月7日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
                             現在〜5月7日→    5月22日(水)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
作曲:鈴木輝昭
作詞:立原道造
A4判/48頁
グレード:中級
演奏時間:約12分
ISBN 978-4-7609-1989-5
「登戸混声合唱団(神奈川県川崎市)」委嘱作品。立原道造の性格の異なる3編の詩を表情豊かに歌う。作曲者特有の響き・動きの中で、時にささやき時に強く訴える。緩・急と続き、終曲は太古の世界にも想いをめぐらせた感動的な作品になっている。作曲者の作品の中で比較的易しく仕上がった。

1. 薄明                         (4'00")
2. わかれる昼に             (3'00")
3. 民謡−エリザのために (4'10")
 
<まえがき>

混声合唱とピアノのための《三つのソネット》は、登戸混声合唱団の委嘱により作曲した組曲作品で、立原道造 詩の三篇のソネットをテキストとしている。

 指揮者 片野秀俊氏からの合唱作品作曲の依頼にお応えして2013年、第1曲目の「薄明」を書いた。その後数年を経て、2016年に第2曲「わかれる昼に」と第3曲「民謡―エリザのために」を書いて組曲完成とした。

 1989年に作曲した、立原道造の詩による《四つの優しき歌》(カワイ出版)が、混声合唱に取り組んだ最初の作品であった。それから四半世紀、多くの合唱作品を作曲してきたが、立原道造の詩に向き合ったのはそのとき以来、今回で漸く二作目である。たまたま機会がなかったのかもしれないし、意識して避けてきたのかもしれない。しかしながら、歳月を重ねて再び立原道造と出会う機会が巡ってきたことに、感慨深い思いを抱いている。

 立原道造のソネットは、言葉そのものが歌である。古代ギリシャの叙情詩人がそうであったように、詩人は言葉を奏でる音楽家であり、湧き出た言葉は既に音楽として完結していた。意味よりも韻を、情景よりも心象を綴るその表現の在り方は、立原道造の詩作の姿勢にも色濃く反映されている。謂わば、詩の外に音楽を必要としない難しさが立原道造の詩には宿っている。

 言葉に寄り添うことなく、しかしその世界を遠ざけることなく、音楽は自在な曲線を描くことに意を注いだ。自然と必然が共存する、抒情的な劇性の構築を模索した。三つの楽章は緩・急・緩の構成による様式上の自立を核とし、それぞれの楽曲が異なる音楽的性格を提示する。ピアノによって断続的に奏される主要動機の断片は、曲想の輪郭と方向性を積極的に定着させるものである。
 
鈴木輝昭

ページトップへ