実費出版・企画出版はこちら

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 首藤健太郎:混声合唱とピアノのための組曲「草の上 〜測量船 より〜」

首藤健太郎:混声合唱とピアノのための組曲「草の上 〜測量船 より〜」

価格 : 税込1,728円(本体1,600円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)を年末年始休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※28日正午までのご注文を当日発送し年内最終となります。
※28日午後〜休業中〜1月7日までのご注文は1月8日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
年末年始休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
ご注文日:2018年12月11日・12日 →納品日:12月26日予定(遠隔地を除く)
                             12月13日〜28日 →    3週間強(年明け納品)
                             12月29日〜1月7日→    1月22日(火)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
  
作曲:首藤健太郎
作詩:三好達治
A4判/48頁
グレード:中〜上級
演奏時間:約13分
ISBN 978-4-7609-1985-7


2017年度朝日作曲賞受賞作品。
「草の上」という一つの詩を4篇に区切り、一つの合唱作品としてまとめたもの。オペラの序曲のようなピアノソロの前奏曲で始まり、全5曲から成る。詩から受け取ったイメージやパワーを音楽で増幅させたいという思いで作曲した作品。

Prelude(ピアノ独奏)(1’00")
I(3’40”)
II(3’00")
III(3’10")
IV(2’10”)


<まえがき>

 私は近年、言葉のまとまりや詩自体の長さが比較的短い作品に対して曲をつけることが多いです。凝縮された表現の中から、その作品から受け取るエネルギーを自分なりに音楽で膨らますという行為に、クリエイターとしての喜びを感じているからだと思います。

 三好達治の「草の上」は、草の上からうかがい知ることができる出来事という共通点でまとめられた、連作4篇の詩です。これら4つのドラマに音楽をつけ終えてみて、最後にピアノソロによるプレリュードを加えました。オペラの序曲のように、それぞれの曲のモチーフで構成されています。全体は、合唱とピアノがともに主張し合って一つの音楽が形作られることを目指し、ピアノは単なる伴奏ではなく、非常に重要な役割を担っています。また、合唱は歌謡的な部分はもちろん、器楽的な部分やソロもあります。

 終曲の「検廚蓮2018年6月14日東京文化会館大ホールにて指揮を大谷研二さん、合唱を東京混声合唱団、ピアノを斎木ユリさんで初演されました。曲の持つキャラクターを活かした、とてもスピーディでコミカルな演奏でした。ありがとうございました。尚、今回の出版で「検廚涼羇嵒分は、合唱のパートが書き加えられ、さらに充実した内容になっています。

 譜面を書くという行為はその音楽を自立させることなのではないかと思うことがあります。作品が作曲者から離れてゆき、様々な演奏家達と関わり、演奏され、成長していってくれたら本望です。様々な場所でたくさん演奏していただけたら、生みの親としてこれほど幸せなことはありません。今後も、本作品を含め、子供達の様々な姿を拝聴できることを楽しみにしております。

 最後に、本作品の出版に際しお世話になった人々に感謝を申し上げます。ありがとうございます。
 
首藤健太郎

 
【著者略歴】

 作編曲・ピアノ演奏・指導・企画・コラボレーション等、幅広く活動する音楽家を目指している。近年は、ソナタや舞曲等の器楽の形式を応用・投影した声楽作品の創作に取り組んでいる。
 作曲を市川景之、松尾祐孝、林達也、鈴木輝昭の各氏に師事。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。同大学院音楽研究科修士課程作曲専攻修了。
 「混声合唱とピアノのための組曲 草の上 〜測量船 より〜」で2017年度合唱組曲作品公募−第28回朝日作曲賞−を受賞。

ページトップへ