実費出版・企画出版はこちら

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 相澤直人:女声合唱アルバム「窓よりゆめを」

相澤直人:女声合唱アルバム「窓よりゆめを」

価格 : 税込1,512円(本体1,400円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)を年末年始休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※28日正午までのご注文を当日発送し年内最終となります。
※28日午後〜休業中〜1月7日までのご注文は1月8日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
年末年始休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
ご注文日:2018年12月11日・12日 →納品日:12月26日予定(遠隔地を除く)
                             12月13日〜28日 →    3週間強(年明け納品)
                             12月29日〜1月7日→    1月22日(火)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
 
 

作曲:相澤直人
作歌:栗原 寛
A4判/32頁
グレード:中級
演奏時間:約12分45秒
ISBN 978-4-7609-2558-2

ア・カペラの奇数番号の曲と、それに続くピアノ伴奏付きの曲がひとつのセットとして構成された作品(もちろん、単独の演奏も可である)。そのため、「合唱アルバム」の中ではグレードが比較的高いものとなっている。挑戦的なア・カペラ曲とメロディックなピアノ付きの曲の対比が面白い構成となっている。


1. 死んでもいいと訳したるやうに  (1’05”)
2. 恋は叶はぬときが優しく          (2’05”)
3. うつくしき物語                      (1’15”)
4. うつくしき物語 II                    (2’25”)
5. いづかたを眺めてか                (1’30”)
6. 窓よりゆめを、ひかりの庭を    (4’25”)


 
<まえがき>

 同世代の歌人(実際は多彩な才能をを持ち、多方面に活躍中)である栗原寛さんが、20代後半から30代前半に歌った短歌を収めた、歌集『窓よりゆめを、ひかりの庭を』。栗原さん自身が「見えているのに、手が届かないもどかしさ。思いが伝わらないせつなさ。僕にだけ見えない(と思ってしまう)さびしさ。言いまわしこそ、いくぶん“古風”と感じられるかも知れませんが、 ずいぶんと“蒼い”ことばのかずかず」と解説するこの歌集は、根底に「ひかりの庭」に対する憧憬や期待が書かれていると感じます。

 選び抜かれた輝く言葉たち。
 新しいタイプの(と言って良いでしょう)和歌と対峙したときの戸惑いもありましたが、自分自身のインスピレーションを特に重要視しながら音を紡ぎました。また、和歌そのものが洗練された少ない言葉で成り立っているものですから、無駄に曲が冗長ににならないように気をつけました。結果、全6曲のこのアルバムは「インスピレーションを重視した(やや難解な)無伴奏曲」と「歌心をもって歌えるピアノ付きの曲」というセットが3組並ぶ形に納まりました。それらの組では和歌の選定はもちろん、楽曲内でも共通のモティーフや素材が使われる等、多少の関連性を持たせています。なお、最終曲のみはステージのクロージングに相応しいよう、複数の和歌を組み合わせて規模のやや大きな曲となっております。
 
相澤直人

ページトップへ