実費出版・企画出版はこちら

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 森山至貴・相澤直人・市原俊明・名島啓太:四人の作曲家による連作ミサ曲「深き淵より」

森山至貴・相澤直人・市原俊明・名島啓太:四人の作曲家による連作ミサ曲「深き淵より」

価格 : 税込1,512円(本体1,400円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)を年末年始休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※28日正午までのご注文を当日発送し年内最終となります。
※28日午後〜休業中〜1月7日までのご注文は1月8日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
年末年始休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
ご注文日:2018年12月11日・12日 →納品日:12月26日予定(遠隔地を除く)
                             12月13日〜28日 →    3週間強(年明け納品)
                             12月29日〜1月7日→    1月22日(火)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
 
 

作曲:森山至貴・相澤直人・市原俊明・名島啓太
A4判/36頁
グレード:中級
演奏時間:約16分45秒
ISBN 978-4-7609-1984-0


 ほぼ同年代の若手作曲家4人が作曲したミサ曲で、「Kyrie(森山至貴)」「Gloria(相澤直人)」「Sanctus(市原俊明)」「Agnus Dei(名島啓太)」で構成されている。
 連作だがそれぞれをつなぐコンセプトとしてルター作曲のコラール「深き淵より」の旋律が共通の主題として使われている。四人の個性がぶつかり合いながら、一つの作品としての不思議な統一感が魅力的な作品である。

1. Kyrie        (5’00”)
2. Gloria       (4’35”)
3. Sanctus    (4’00”)
4. Agnus Dei (3’10”)


 
<まえがき>

 このミサ曲は、「名島啓太とみんなの30年」〜指揮者生活30周年記念演奏会〜というコンサートで、出演してくださった合唱団のメンバーに何か記念として作品を残そう、ならばご縁の深い、若い作曲家の皆様と私とで一つのミサ曲を連作してみるのは面白いのではないか、と考えて、私が3名の若い作曲家に委嘱をして完成したものです。演奏会のコンセプトが「集い」であったこともあり、「ミサ」というアイデアにも自然と結びつき、作曲家の皆様にもご快諾いただきました。

 作風の違う4人が、それぞれバラバラに作曲してしまうと取り留めのない作品が集まっただけになってしまうので、統一性を持たせるために、ルター作曲のコラール「深き淵より」の旋律を共通の主題として書こうということになりました。また初演となる演奏会がジョイントコンサートとであるいう性質上、練習時間も回数も限られたものになるので、「平易かつ短い」ものになるようお願いし、私が「Agnus Dei」を初めに書き上げ、作品の難易度や規模を見てもらって書き進めていただく形を取りました。

 ところが…!若い作曲家たちは難易度や規模の話は忘れてしまったようで、その溢れる才能を遺憾なく発揮した、大規模で華麗な素晴らしい作品が次々と誕生しました。私としては、想定外の展開に戸惑いましたが、曲全体としては、3人の多彩でドラマチックな音楽が次々と展開した後、最後の「Agnus Dei」では不思議な統一感と落ち着き、そして余韻が得られ、静かに曲を閉じる構成となりました。それは、3人の若い作曲家の稀有な才能による巧まざる計算であると気付いたとき、私は深い感動をおぼえました。

 ミサ曲全編を通じて、その清らかで美しい祈りの音楽を味わっていただけるものと思います。また、ここに「新しい創造のかたち」を見出すのは、私ばかりではないのではないでしょうか。
 
名島啓太

ページトップへ