実費出版・企画出版はこちら

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 田中達也:四つのディベロップメント4「For The Good Times」

田中達也:四つのディベロップメント4「For The Good Times」

価格 : 税込972円(本体900円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)を年末年始休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※28日正午までのご注文を当日発送し年内最終となります。
※28日午後〜休業中〜1月7日までのご注文は1月8日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
年末年始休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
ご注文日:2018年12月11日・12日 →納品日:12月26日予定(遠隔地を除く)
                             12月13日〜28日 →    3週間強(年明け納品)
                             12月29日〜1月7日→    1月22日(火)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
  
作曲:田中達也
作詩:長田弘
A4判/24頁
グレード:中級
演奏時間:約6分30秒
ISBN 978-4-7609-2427-1


複数の作曲家で一つの組曲を作るというアイディアのもと出来た混声合唱作品「四つのディベロップメント」の第4曲目。まとめの曲として、他の作品全てを大きく包みこんでいくような暖かい作品。

For The Good Times (6’30”)


 
<まえがき>

 「4人の作曲家による連作組曲」というこれまでにないスタイルの作品。その終曲を書くことで、企画を提案した旗振り役としての責任をここに全うする次第です。

 「平和って何?」「文明とは何だ。」と問いかける前半2曲。「生の自由は存在なんだと。」と肯定する第3曲。それらを受け止めて、前の3曲に書かれていないことと自分の音楽とのギャップを埋めていくことで、書くべきものが「答え」となって示されたように思えます。長田弘の詩は息づかいが独特で、とりわけ「A」や「O」といった母音の響きが印象に残ることが多かったので、作曲のうえでもその感触に忠実なフォルム作りを心がけたつもりです。組曲の終曲として、4曲をまとめる役割を意識しながらも骨太な音楽が流れていく中、いたるところから前3曲の断片を聴くことができます。

 委嘱団体である合唱団わをんには創団当初から様々なかたちで携わってきました。他の合唱団と違って、この団体は演奏機会ごとにメンバーを集め、本番が終わるたびに解団、という流れを繰り返しています。その積み上げてきたことが、テキストの最後にある「『終わり』がわたしたちの/世界の一日が、明日はじまるところ。」という一節と重なったのもこのテキストを選んだ大きな要因であり、それはまた、組曲の最後の音が鳴り終わった瞬間に、聴く人が客席にふっと戻ってくることができるような音楽を…という作曲者の思いとも密かにリンクするのでした。
田中達也

ページトップへ