実費出版・企画出版はこちら

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 魚路恭子:四つのディベロップメント1「猫のボブ」

魚路恭子:四つのディベロップメント1「猫のボブ」

価格 : 税込972円(本体900円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)を年末年始休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※28日正午までのご注文を当日発送し年内最終となります。
※28日午後〜休業中〜1月7日までのご注文は1月8日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
年末年始休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
ご注文日:2018年12月11日・12日 →納品日:12月26日予定(遠隔地を除く)
                             12月13日〜28日 →    3週間強(年明け納品)
                             12月29日〜1月7日→    1月22日(火)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
  
作曲:魚路恭子
作詩:長田弘
A4判/24頁
グレード:中級
演奏時間:約5分20秒
ISBN 978-4-7609-2424-0


複数の作曲家で一つの組曲を作るというアイディアのもと出来た混声合唱作品「四つのディベロップメント」の第1曲目。猫の鳴き真似から始まりJAZZYな音楽が印象的で大人っぽい作品。

猫のボブ (5’20”)


 
<まえがき>

 「4人の作曲家でひとつの組曲を創作する」という素敵な企画にお声掛け頂きワクワクしたのと同時に、指定された順序が一番だったために大いに悩みました。普通に一人で組曲を書く場合と、リレー形式の一番として書くのと、どのように差異を出そうかと。結果、出来るだけ個性的に、沢山の要素を入れて作曲したのが「猫のボブ」です。後に続く作曲家さん達となるべくカラーの被らなそうな自分らしい曲で、尚且つ組曲として後に活用し得る共感できる素材も色々練り込んで…と密かに苦悩したわけですが、何も告げずとも意図は見事に汲まれ精巧に発展し、組曲としてこうして結実したことに喜びと感謝でいっぱいです。

 作曲当時を思い返すと、丁度世相が安保法制で揺れており、原爆投下の慰霊の時期でもあったため作中の一節「平和って何?」という言葉が常に頭にありました。私にとって作曲するということは音楽を通して人間、真理、神羅万象といった深遠で根源的なテーマを考えていくという事でもあり、「平和って何?」という答えのでない、けれど根源的で深遠な問いを考え続けることがこの作品の根底にあります。

 演奏上の留意点としては、冒頭の「nya…」は合唱用の美しい発声から離れて、しゃがれたり唸ったりとリアルに猫を模した表現を試みると面白いと思います。その後もブロック毎に相応しい声の質に切り替えてメリハリのある演奏を心がけると良いでしょう。
魚路恭子

ページトップへ