実費出版・企画出版はこちら

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 鈴木憲夫:混声合唱曲「Ave Maria」

鈴木憲夫:混声合唱曲「Ave Maria」

価格 : 税込756円(本体700円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)を年末年始休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※28日正午までのご注文を当日発送し年内最終となります。
※28日午後〜休業中〜1月7日までのご注文は1月8日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
年末年始休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
ご注文日:2018年12月11日・12日 →納品日:12月26日予定(遠隔地を除く)
                             12月13日〜28日 →    3週間強(年明け納品)
                             12月29日〜1月7日→    1月22日(火)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
  
作曲:鈴木憲夫
A4判/16頁
グレード:初〜中級
演奏時間:約5分40秒
ISBN 978-4-7609-2420-2


祈りの作曲家が目指す、現代の「Ave Maria」。 この曲は、ラテン語の典礼文に加え、作曲者自身の言葉で日本語詩が添えられている。日本語詩をいれることにより、新しい「Ave Maria」が完成した。

Ave Maria (5’40”)



 
<まえがき>

 「Ave Maria」の作曲の依頼を受け、私なりにどのような作品にしようかと模索を繰り返していたそんな折、「地球を生きる子どもたち」という写真展で一枚の写真に出会いました。「(エチオピアの)難民キャンプで瀕死のわが子を抱く母親」と題されたその写真に私は涙しました。涙の枯れきった母親の虚ろな瞳、祈ることに疲れ果て呆然とした表情。手は子どもの頭の上に添えられています。その姿は“子どもが安らかに天に召されますように”と願っているようにも見えます。子どもの身体は限界までにやせ細り、目だけは大きくまっすぐカメラを向いています。その母と子の図は私には聖母マリア像と重なりました(子どもはその日のうちに亡くなった、とテロップにありました)。

 その写真と出会ったことで「戦争で流された母の涙は海の水のごとく」という言葉を得、ラテン語の典礼文を交えてテキストとしました。
 人間の世は常に平和への祈りの声で満ち満ちています。聖母像を観ていると「ただただ祈りなさい」と慈しみをもって語りかけているようにも思います。常に争いや戦争の現世界にあって、せめて祈ることしか出来ないとしたら、私はこの作品をもって私の祈りとしたい、と思いました。
鈴木憲夫

ページトップへ