実費出版・企画出版はこちら

2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 寺嶋陸也:「風と光の歌」 女声合唱とピアノのために

寺嶋陸也:「風と光の歌」 女声合唱とピアノのために

価格 : 税込1,836円(本体1,700円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
 
 

作曲:寺嶋陸也
作詩:新美南吉
A4判/52頁
グレード:中級
演奏時間:約25分25秒
ISBN 978-4-7609-1939-0


2017年のグラントワカンタートの「美しき日本語のための日本語歌唱コンクール」の課題曲として作曲された「貝殻」を第1曲として新たに7曲を書き足した曲集。 新美南吉の質実な世界を、一つの言葉足りともおろそかにせず、言葉やイントネーションに忠実に付曲していった。全8曲。

1. 貝殻    (1’45”)
2. 小鳥に   (2’30”)
3. 枇杷の花の祭(2’10”)
4. 窓     (1’50”)
5. 葬式    (3’10”)
6. 天国    (3’00”)
7. 墓碑銘   (8’00”)
8. 雲     (3’00”)


 
<まえがき>

 第1曲の《貝殻》は、2017年の1月、栗山文昭先生の発案によって企画され島根県益田市で開かれた「グラントワ・カンタート」第1回における、「美しき日本語のための 日本語歌唱による 合唱コンクール」の課題曲として作曲しました。作曲にあたっては詩の選択も任され、合唱による日本語の表現の標準としてふさわしい詩は何か、ということを私なりに深く考えた結果、あまり古いものでもなく、かといって完全に現代のものでもないものがいいだろう、と思い、昭和初期に活躍した新美南吉の詩に行き当たりました。
 このコンクールに参加した「松本女声アンサンブルAZ」と「女声合唱団彩」のみなさんが、このときの《貝殻》を気に入ってくださって、もっとほかの新美南吉の詩も歌いたい、いうことになり、8曲からなる《風と光の歌》ができあがりました。
 新美南吉の作品は、《ごんぎつね》や《手袋を買いに》などの童話が広く知られていますが、詩や童謡も270篇あまりが残されています。物語ふうの長いものから童謡調の短いもの、文語で書かれたものから口語によるもの、またはカタカナだけで綴られたものなど、そのスタイルの幅は広く、身の内にあるものをいかに詩の言葉として定着させようか、と詩人が試行錯誤を繰り返しながら作品を生み出していったさまがよく伝わってきます。
 新美南吉の最初の詩集(没後、巽聖歌によって編集され1962年に発行された)のタイトルとなった《墓碑銘》を最後から2番目に置いて全曲の重心とし、その前に短い6曲、無伴奏の《雲》は終曲とし、第1曲の《貝殻》で鳴らされた音が、第2曲で歌われる小鳥とともに旅をしながらさまざまな情景を見つめ、あるいは通過しながら、詩人の心へと帰っていくような道筋を思い描いて曲を並べましたが、全体を組曲とするような強い結びつきは意図していないので、抜粋や並べ替えての演奏も全く差し支えありません。
 
寺嶋陸也

ページトップへ