実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 池辺晋一郎:女声合唱曲集「三つの不思議な仕事」

池辺晋一郎:女声合唱曲集「三つの不思議な仕事」

価格 : 税込1,540円(本体1,400円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
作曲:池辺晋一郎
作詩:池澤夏樹
A4判/32頁
グレード:初〜中級
演奏時間:約10分45秒
ISBN 978-4-7609-1797-6


1978年に「風の子守唄」を出版する際に書き下ろされた混声合唱作品の女声合唱版。
どの曲も軽いタッチの親しみやすい曲想で、混声版は多くの合唱団に愛唱されて来た。
この女声版は、混声合唱のコンセプトを引き継ぎ、さらに女声ならではのお洒落さが加わった曲集となっている。

1. 空みがき(2’45”)
2. 明日つくり (4’00”)
3. 夢売り (4’00”)


 
<まえがき>

 まず詩人として出発した作家・池澤夏樹は、僕の大切な友である。1972年NHK委嘱による混声合唱組曲「恩愛の輪」(日本放送出版刊)が、出会いだった。1975年から彼が住んでいたギリシャのアテネを、家族とともに僕が訪ねたのは、たしか77年の9月。一緒にエーゲ海の島々を旅した。真っ青な空と海を眺めながら、いわば軽いタッチの、親しみやすい曲を作ろうと二人でさまざま話しあった。そこで、混声作品として作曲し、翌78年「六つの子守歌」との合本で、カワイから上梓。以来多くの合唱団により歌われてきたが、あるとき、女声版を作ってほしいという熱い慫慂が、新潟県で活発な音楽活動を展開する旧知の田辺伸五郎氏から届いた。前記混声版作曲から、何と30年以上が経っている。仕事の山を抱えていて、すぐには応じることができず、田辺さんをずいぶん待たせてしまったが、ようやく脱稿。別掲のデータで初演された。
 88年の芥川賞受賞以後作家として多忙を極める池澤夏樹氏は、その後沖縄、フランスと移り住み、今は生まれ故郷の北海道で、道立文学館館長なども務めながら創作をつづけている。大規模なカンタータから校歌の類まで、彼とは本当にたくさんの充実した協働をしてきたが、なかでもこの曲には、肝胆相照らす仲の二人が心から楽しんで作ったのびやかさが内蔵されているはず。現実には存在しない仕事を想像しよう、と話し合った結果だ。
 混声版と同じくこの女声版も、合唱を愛する多くの人に楽しんでいただきたい。           
 
池辺晋一郎

ページトップへ