実費出版・企画出版はこちら

2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 市原俊明:混声合唱とピアノのための「やがて悲しみが」

市原俊明:混声合唱とピアノのための「やがて悲しみが」

価格 : 税込1,836円(本体1,700円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは平成29年12月28日(木)〜平成30年1月8日(月・祝)を休業いたします

在庫のある商品
〇12月27日(水)午前中のご注文を当日発送し休業前発送は終了
※12月20日以降運送便の都合で納期が+1日かかります


受注生産品
12月13日までのご注文※は12月27日納品。納品希望がこれより短い場合ご確認後の手配となりますのでご注意ください。
12月14日〜26日に頂いたご注文は納期4週間弱。
12月27日〜1月9日までのご注文は1月23日納品予定。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
 
作曲:市原俊明
作詩:三好達治
A4判/52頁
グレード:中級
演奏時間:約12分35秒
ISBN 978-4-7609-1965-9


気鋭の新人作曲家の合唱組曲。
ポップスの演奏家として活躍していた作曲者が、「朝日作曲賞」を受賞したのをきっかけに、今まで封印していた本来のポップスの要素を取り入れた初めての合唱組曲として作曲したのが本組曲。
ポップスやジャズのイディオムを取り入れただけではなく、クラシカルなスタイルと融合させながら、今までにない合唱作品として魅力ある作品が完成した。

1. 昨日はどこにもありません(3’40”)
2. ニーナ (3’50”)
3. 甃のうへ(3’35”)
4. 菊(4’25”)
5. 少年 (4’10”)


市原俊明

東京都生まれ。サンフランシスコ州立大学(アメリカ・カリフォルニア州)音楽学部作曲科卒業。在学中ピアノをWilliam Corbett-Jones、作曲をRonald Caltabiano、Richard Festinger、Josh Levineの各氏に、室内楽をAlexander String Quartetに師事。現在は作曲家・合唱指導者として活動しており、特に近年はおもに都内のアマチュア合唱団の指揮者・ピアニスト・指導アシスタントとして活躍。自作曲の自演も含め活動の場を広げている。2015年、『混声合唱とピアノのための “印象”』で第26回朝日作曲賞受賞。2015年度北区区民文化奨励賞受賞。東京成徳大学非常勤講師。


 
<まえがき>
 
 私はずっとポップスの演奏家(いわゆる “ミュージシャン” )として活動しながらそれと並行して合唱の作編曲を続けてきましたが、合唱作品を作り出すときには一つ心に留め置いていたことがありました。それは、「ポップスのテイストを全く排除する」ということ。理由は簡単で、慣れ親しんだポップスの語法を安易に合唱曲に持ち込むことは、 “ミュージシャンが片手間で作る合唱曲” という評価につながると思い、それを避けたかったからです。
 前作『印象』も、ポップスのテイストを徹底的に排除した作品でした。ありがたいことにこの作品で朝日作曲賞をいただいたわけですが、この受賞をきっかけに私の中では「これでもう “ポップスの人が合唱曲を作っている” とは思われなくなるのではないか」という気持ちが生まれました。となれば、今まで排除してきたポップスの語法を合唱曲に用いても問題ないのではないか、こう思った私はそれまでの反動のようにポップスの要素たっぷりの曲を書こうと決めたのです。このとき『甃のうへ』だけはすでに単曲として書き終えていたのですが、この曲を中心にした組曲にしようと構想を練り、そして出来上がったのがこの『やがて悲しみが』という作品です。
 
市原俊明

ページトップへ