実費出版・企画出版はこちら

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 相澤直人:混声合唱とピアノのための「いのちの朝に」

相澤直人:混声合唱とピアノのための「いのちの朝に」

価格 : 税込1,512円(本体1,400円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)を年末年始休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※28日正午までのご注文を当日発送し年内最終となります。
※28日午後〜休業中〜1月7日までのご注文は1月8日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
年末年始休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
ご注文日:2018年12月11日・12日 →納品日:12月26日予定(遠隔地を除く)
                             12月13日〜28日 →    3週間強(年明け納品)
                             12月29日〜1月7日→    1月22日(火)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
 
作曲:相澤直人
作詩:栗原  寛
A4判/36頁
グレード:中級
演奏時間:約12分35秒
ISBN 978-4-7609-1964-2


2017年国民文化祭・なら2017の混声合唱合同演奏のために委嘱された作品。
朝・空・願い・命など、普遍的なものをテーマとしてより多くの人に発信していきたいと願って作曲された作品である。そのために、合唱のグレードは難しくなりすぎないこと、曲のサイズも大きすぎないことを念頭に作曲された。

1. 朝のソネット(3’15”)
2. 夜空の涯に (2’30”)
3. で あるように (2’30”)
4. いのちの讃歌 (4’20”)



 
<まえがき>
 この曲集は「第32回国民文化祭・なら2017」の合同合唱曲として委嘱され、作曲したものです。国民文化祭という、合唱に親しみのある方のみならず多くの方に発信できる機会を頂戴しましたので、朝・空・願い・命などといった普遍的なものを、高らかに、時には静かな祈りとして歌い上げる作品を作りたいと懇願しました。これは、不安定な世の中を力強く生きる意志を表明する作品でもあり、発信者として、演奏する人、聴く人、多くの人と共有したい思いでもあります。そのために、詩を同世代の歌人、良き友でもある栗原寛氏に書きおろしてもらいました。
 作曲においては、歌唱的な面において難易度が上がりすぎないよう、またそれぞれの曲のサイズがなるべく大きくならぬように気をつけました。(私の混声合唱作品の中にあっては、比較的誰でも取り組みやすいように配慮しました。それは前述の思いがあるからに他なりません。)
 なお、1曲目「朝のソネット」のみは、札幌合唱連盟の委嘱により、2017年6月の札幌合唱祭での合同合唱として初演された(指揮:相澤直人)ものを曲集化する際に編作したことを付記させていただきます。

1.  朝のソネット
       穏やかなピアノの伴奏に乗り、未来への希望を見る。
2.  夜空の涯に
       空の果てを感じるドラマチックなピアノと私たちの内省的な祈り、歌を共存させた。
3.  で あるように
       シンプルな三部形式の無伴奏曲。強い祈りは時に弱声や短調でも語られる。
4.  いのちの讃歌
       2つの主題が交互に奏しながら思いは高揚し、最後には1曲目の「朝」を回帰しつつ静かに曲を閉じる。
 
相澤直人

ページトップへ