実費出版・企画出版はこちら

2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
休業
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 男声 > 松本 望:男声合唱とピアノのための組曲「瞬間(とき)の輝き」

松本 望:男声合唱とピアノのための組曲「瞬間(とき)の輝き」

価格 : 税込1,728円(本体1,600円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
 
作曲:松本  望
作詩:高見  順
A4判/44頁
グレード:中級
演奏時間:約16分10秒
ISBN 978-4-7609-1946-8


初演時は「高見順の詩による4つの歌」と題して発表されたが、出版を機に改題された。
高見順の詩作は晩年の闘病期に集中していることから、内向的なものが多いが、その中でも生の輝きとエネルギーを秘めた作品を選び、若い人たちのためにメロディーを重視したスタイルで作曲された作品。
「新緑」と「陥星」は無伴奏である。


1. 新緑(2’00”)
2. 私にはそれが見える (4’10”)
3. 陥星 (4’40”)
4. 波の音(5’20”)





 
<まえがき>

 男声合唱とピアノのための組曲「瞬間の輝き」は、立命館大学メンネルコールの委嘱により作曲、2016年12月に同団の創立70周年記念定期演奏会にて初演された。
以下は初演時のプログラムノートからの引用である。

 この委嘱作品の作曲に取り掛かる前にまず、メンネルコールの団員の皆さんに「歌いたい詩・曲が付いたら良いだろうなと思われる詩」を幾つか挙げてもらい、それを元に私が最終的に詩を選ぶという作業を行ったのだが、そうして「候補」に挙がってきた様々な詩の中に高見順氏の何篇かの詩も入っていた。
 高見氏の著作においては詩よりも小説や評論が大半を占め、詩作は主に後半生の自身の癌闘病期に集中している。そのためか、詩の内容は人間の生死や世の中の様々な出来事(ごく日常的なことを含めて)を達観しているような内容のもの、かなり内向きなものが多いが、自分の死を常に意識しているからこそ時々キラッと光る生の輝きが何篇かの詩に感じられ、その一瞬の輝きとエネルギーが、大学生の若々しい男声合唱団に歌っていただくには共感できる内容なのではないかと思い、そうした詩に付曲した。作曲にあたっては、「曲」ではなく「歌(自然で馴染みやすいメロディーラインによる)」を書くということを特に心がけた。以下簡単に各曲の解説を記しておく。

1.新 緑…たった5行の短い詩だが、その分一瞬の「いのち」の輝きが鮮烈に残る。
     曲も、大半はア・カペラのヴォカリーズで一瞬だけ歌詩を歌う。前奏曲的役割を果たす曲。
2.私にはそれが見える…ピアノが加わり、春の生命の目覚めを爽やかに歌っていくが、
    最後に生命の終わりや死への不安といった影の部分が喚起される。
3.陥 星…(陥星という言葉は高見氏独自のものだと思われるが、詩の内容から察すると流星のこと
    らしい)…ア・カペラによる内省的な曲。しかし決して悲観的ではなく、
    じんわりと暖かくなるような美しい歌を目指した。
4.波の音…新しい年を迎え生への決意を波音に重ね合わせながら力強く歌っていく。
    ピアノが全体的に波のうねりや動きを表す。
    終曲らしくエネルギーのある曲で組曲を締めくくる。

 尚、初演時の組曲のタイトルは別のものであったが、諸般の事情により出版の際に改題させていただいた。「瞬間の輝き」というのは、上記のプログラムノートにも書いた「時々キラッと光る生の輝き」を表したタイトルである。
松本  望

ページトップへ