実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
休業
2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 男声 > 森山至貴:難しいコーラス「’O sole mio」〜遊び足りない男声合唱団のための

森山至貴:難しいコーラス「’O sole mio」〜遊び足りない男声合唱団のための

価格 : 税込660円(本体600円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
※カワイ出版ONLINEは9月29日(木)・30日(金)を棚卸の為休業致します。28日(水)午後以降の在庫商品は10月3日(月)の発送となりますのでご注意ください。
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
作詞:G.カプッロ
作曲:E.ディ.カプア
編曲:森山至貴
A4判/12頁
グレード:上級
ISBN 978-4-7609-2367-0

カワイ出版からの挑戦状!? 合唱に命を懸ける男たちへ「歌えるものなら歌ってみやが...ってください。」と、気鋭の作曲家の名アレンジをお届けする。略して“ムズコー”。ただ難しいだけでなく、音楽的にも非常に優れているアレンジ。和音を決めれば最高にカッコイイこと間違いなし。
アンコールやロビーコールなどで、聴衆の度肝を抜いていただきたい。



 
森山至貴からの挑戦状!

● 練習番号A,Bではメロディとそれ以外のパートの適切な音量バランスを考えること。メロディをかき消さないようそれ以外のパートはハミングにしてありますが、かといって弱すぎると和音が鳴っている印象が薄れ、逆効果です。
●練習番号C以降を絶対に勢いでごまかさないこと。「ノリのよい演奏」風なだけの演奏、ものすごくかっこ悪いです。そうならないようにきちんと細部を詰めてください。
● 練習番号Fは比較的和音をはめやすい間奏のセクションですが、それゆえにメロディの1パートに対して裏方の3パートの音量が大きくなりがちです。音量で「正しい和音を歌ってます!」アピールをしないように。洒脱さを失ったらおしまいです。
●100〜102小節は3連符を利用してスウィングの雰囲気を演出。
●110〜111小節のセカンドは自由にテンポを緩めてたっぷり歌うこと。
● 全体を通じて、何よりもきちんと「ハモる」こと。複雑なハーモニーに対する感受性を磨いてください!


〈あとがき〉

 長短の三和音をきちっとハモらせるのが合唱の基本」…はいはい、その通りです。第7音や第9音が加わると「おしゃれ」で、それがフラットすると「ジャズ」っぽい、増減和音が使われたら「ロマン派」っぽくて、それ以外の和音は複雑でよくわからないので「ゲンダイオンガク」扱い…へー、けっこうなハーモニー観ですね。そんなことだから貴様らの男声合唱はいつまで経っても土臭いんだよ、これでも喰らえ!
 と喧嘩を売るつもりでアレンジしました。原型を留めないほどに拡張された偶成和音、テンションを複雑に積み重ねて根音を省略したボイシングなどが、これでもかと好きなだけ投入されています。高かったり低かったり速かったり遅かったりディヴィジョンがあったり、それももちろん「難しさ」にあたるでしょう。でも「難しいコーラス」に挑戦するなら、やっぱり「ハモるのが難しい」作品でなくては。きちんと和音をはめれば最高にかっこよくなるアレンジにしたつもりですので、腕に覚えのある男声合唱団はぜひ挑戦してみてください(ディヴィジョンはないので最少演奏人数は4人です)。
 そうそう、一人多重録音派の挑戦もお待ちしております。声質の均一性でそれっぽく聞かせられるほど簡単なアレンジではないので、地獄を見る覚悟でどうぞ。                      
 
森山至貴

ページトップへ