実費出版・企画出版はこちら

2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
休業
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 児童 > 信長貴富:やなせたかしの詩による二部合唱曲集「ひざっこぞうのうた」

信長貴富:やなせたかしの詩による二部合唱曲集「ひざっこぞうのうた」

価格 : 税込1,836円(本体1,700円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは平成29年12月28日(木)〜平成30年1月8日(月・祝)を休業いたします

在庫のある商品
〇12月27日(水)午前中のご注文を当日発送し休業前発送は終了
※12月20日以降運送便の都合で納期が+1日かかります


受注生産品
12月13日までのご注文※は12月27日納品。納品希望がこれより短い場合ご確認後の手配となりますのでご注意ください。
12月14日〜26日に頂いたご注文は納期4週間弱。
12月27日〜1月9日までのご注文は1月23日納品予定。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  
 
 

作曲:信長貴富
作詩:やなせたかし
A4判/56頁
グレード:初〜中級
演奏時間:約20分
ISBN 978-4-7609-1785-3

浜松少年少女合唱団の委嘱。
やなせたかしのたくさんある詩の中から、小さい子から高校生までの合唱団のメンバー構成を考慮し、小さい子の目線での詩を選んで作曲。音楽は全6曲がバラエティに富んだ曲想となっている。子供が歌うからこその説得力がある曲集だが、おかあさんコーラスでも歌う事の出来る楽しい曲集に仕上がっている。

1. 希望の歌(3’00”)
2. ひざっこぞうのうた(2’00”)
3. すてきなおじいさん(2’10”)
4. 愛するネッシー(4’40”)
5. オランウータン(4’50")
6. ありがとう野菜 (3’20”)




 
<まえがき>
 浜松少年少女合唱団の創立15周年の記念の年(2013年)に「希望の歌」「愛するネッシー」「ありがとう野菜」の3曲を作曲させていただきました。初演を終えたあと、もう少し曲数を増やしてボリューム感のある曲集にしてみたいと考えていたところ、指揮の岸信介先生と浜松少年少女合唱団のご賛同を得て、2016年の演奏会で6曲からなる曲集《ひざっこぞうのうた》をお披露目することができました。しかしながらそのあと、出版準備の段階で6曲のうち1曲が詩人の遺志により出版できないことになり(我ながらお気に入りの1曲だったので非常に残念だったのですが)、翌年新たに別の詩で1曲作り、ようやく曲集として上梓の運びとなりました。
 本作に最初に取り掛かる際、小さい子から高校生までという幅広い年代によるジュニア合唱団が歌うのにふさわしい詩とはどんなものか、相当悩んだことを今でも覚えています。結局、小さい子に目線を合わせることに決め、やなせたかしさんの詩集から詩を選ぶことにしました。子どもが歌うからこそ説得力がある曲集になったと思います。とは言え、案外おとなが歌ってもおもしろくなるかも知れないとも思っています。やなせさんの詩には、ピリッと風刺のきいている部分や、子ども向けの枠に収まらない意味の広がりがあるからです。曲によっては演出を付けると楽しさが増すものもあるでしょう。それぞれの曲のバラエティを表現していただければと思っています。
信長貴富

ページトップへ